水心子正秀 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水心子 正秀(すいしんし まさひで、寛延3年(1750年) - 文政8年9月27日1825年11月7日))は江戸時代後期の刀工である。本名は川部儀八郎[1]。正秀の一門は大慶直胤[2]、細川正義[2]などの弟子が知られるなど、刀剣研究家の飯田一雄は刀工の中でも珍しい教育者であると指摘している[2]。銘は「英国」「水心子正秀」「川部儀八郎藤原正日出」「秋元臣川部儀八郎藤原正秀作」「羽州山形之臣川部儀八郎藤原正秀」「水心藤原正秀」「水心正日出」[3]

来歴[編集]

寛永三年に羽州赤湯にて誕生する[4]

著書[編集]

  • 『刀剣実用論』[5]
  • 『刀剣弁疑』[1]
  • 『剣工秘伝志』[1]
  • 『鍛錬玉函』[1]
  • 『刀剣武用論』[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 得能 2004, p. 573.
  2. ^ a b c 飯田 2016, p. 623.
  3. ^ 得能一男 『普及新版 日本刀事典』 (初版) 光芸、2003年6月18日、225頁。ISBN 4769401167NCID BA63136408 
  4. ^ 飯田 2016, p. 622.
  5. ^ 本間順治; 佐藤貫一 『日本刀全集; 日本刀の著名刀工の見どころ』第五巻 (初版) 徳間書店、1967年7月31日、209頁。 NCID BN09700186 

参考文献[編集]