水平統合施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水平統合施設 (HIF) は多段式ロケットを組み立て後、打ち上げるために射場や打ち上げ施設(LC)で垂直な状態に起こす前に結合する施設である。

アメリカでのHIF[編集]

場所 射点 機体 HIF
所在地
詳細 画像 出典.
ケープカナベラル空軍基地 SLC-37 デルタIV 北緯28度31分25秒 西経80度34分15秒 / 北緯28.5234928度 西経80.5709624度 / 28.5234928; -80.5709624 7棟の白い建物は2箇所の出入り口を備えており それぞれ250フィート (76 m) X 100フィート (30 m)である。2000年6月に竣工した。床面はアメリカで最も平坦だと言われる。[1] それぞれの出入り口はわずか 3/8 インチである。 ロケットの1段目と2段目と飛行で使用予定の補助ロケットはHIFで組み立てられ、射点で垂直に起こされる。ペイロードとフェアリングは後で組み立てられる。
SLC-37の水平統合施設の前でのデルタロケットの1段目
[1][2]
ケープカナベラル空軍基地 SLC-40 ファルコン9 北緯28度33分39秒 西経80度34分39秒 / 北緯28.5608909度 西経80.577389度 / 28.5608909; -80.577389 スペースXは最初のファルコン9用のHIFを射点の南部に建設した。大きさは全長225 フィート X 全幅75フィート X 全高約50フィート
SLC-40 の格納庫内で外に出る前のファルコン9 - CRS-2 (KSC-2013-1676)
[3][4]
Kwajalein Atoll オムレク島 ファルコン 1 北緯9度02分50秒 東経167度44分34秒 / 北緯9.0473335度 東経167.7427661度 / 9.0473335; 167.7427661 HIFはスペースXによって建造された. 外観 内部 [5]
ヴァンデンバーグ空軍基地 LC-6 デルタIV 北緯34度35分11秒 西経120度37分39秒 / 北緯34.5864694度 西経120.6276137度 / 34.5864694; -120.6276137 "洞窟の様な"[6] HIFが存在する 外観 [6]
ワロップス飛行施設 ワロップス島 アンタレス 北緯37度50分44秒 西経75度28分31秒 / 北緯37.8454606度 西経75.4751515度 / 37.8454606; -75.4751515[7] オービタル・サイエンスによって建設されたHIF HIFは全長250フィート (76 m)X幅150フィート (46 m)X全高60フィート (18 m)[8] 2011年に開設された
2か所ある出入り口の一つから姿を現したアンタレス
[9]

その他のHIF[編集]

ドニエプル-1, プロトン, ロコット, シュチーリソユーズを含むロシアとウクライナと以前のソビエトの大半の打上げ機では水平統合施設で組み立てられる。

出典[編集]

  1. ^ a b Heavy-lifting Delta 4 rocket to take test flight, Spaceflight Now, Justin Ray, 2003-11-19.
  2. ^ Complex 37, GlobalSecurity.org, John Pike, 2005-01-06.
  3. ^ Clark, Stephen (2009年1月12日). “New SpaceX Falcon 9 rocket tests its Cape Canaveral pad”. Spaceflight Now (Tonbridge, UK). オリジナルの2015年1月28日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6VvRtrajF 2015年1月28日閲覧。 
  4. ^ Space Launch Report: SpaceX Falcon Data Sheet, Ed Kyle, 2008-12-02.
  5. ^ Falcon 1 Users Guide (Revision 7), SpaceX, 2008-05-15, page 35.
  6. ^ a b Launch Facility Profile: ヴァンデンバーグ空軍基地, The Aerospace Corporation, 2006-02-17.
  7. ^ トーラスII 開発ニュース, NASASpaceFlight.com Forums, Reply #7, Antonioe, 2009-01-09.
  8. ^ Press Release: NASA Ushers In New Space Exploration Era At Wallops Flight Facility”. NASA. 2013年4月19日閲覧。
  9. ^ Development Status of a Medium-Class Launch Vehicle for ISS Cargo and Satellite Delivery, David Steffy, Orbital Sciences Corporation, 2008-07-15, page 9.

関連項目[編集]