水垣渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水垣 渉(みずがき わたる、1935年 - )は、日本のキリスト教学者。京都大学名誉教授。

来歴[編集]

高知県生まれ。1957年京都大学文学部哲学科基督教学専攻卒業。1962年同大学院博士課程単位取得満期退学、京大文学部助手、1966年京都産業大学専任講師、1969年東京女子大学専任講師、1970年助教授、1975年京大文学部助教授、1981年教授、宗教学第二講座(キリスト教学)担任。1985年「宗教的探求の問題―古代キリスト教思想序説」で文学博士。1998年定年退官、名誉教授、近畿福祉大学教授。2005年退職。2006年日本基督教学会理事長。[1]

著書[編集]

  • 宗教的探求の問題 古代キリスト教思想序説 (創文社 1984年6月)
  • キリスト論論争史 (小高毅共編 日本キリスト教団出版局 2003年7月)

翻訳[編集]

  • 善悪の諸像 ブーバー著作集 第5 (みすず書房 1968年)
  • ティリッヒ著作集 第2巻 倫理の宗教的基礎 (白水社 1978年3月)
  • 科学としての神学の基礎 (トーマス・F.トランス 芦名定道共訳 教文館 1990年1月)
  • キリスト教教父事典 (H.クラフト 泉治典と監修 教文館 2002年5月)

[編集]

  1. ^ http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~sashina/sub21d.html