水原バラバラ殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
水原バラバラ殺人事件
各種表記
ハングル 수원 토막 살인 사건
漢字 水原토막殺人事件
発音 スウォン トマク サリン サコン
テンプレートを表示

水原バラバラ殺人事件(スウォンバラバラさつじんじけん)は、2012年4月1日大韓民国京畿道水原市で発生したバラバラ殺人事件である。

概要[編集]

2012年4月1日、京畿道水原市八達区中国出身の朝鮮族A(42歳)がケータイ部品工場で働いて退勤する韓国人女性B(28歳)を家に拉致して、同月2日にBを性暴行しようとして失敗すると、Bの首を締めて殺害した後、死体を切り出した。

犯人Aは2012年4月2日、警察に捕まった。

殺された女性は、殺される前に警察に届出をしたが、警察の先延ばし対応で被害者を救助しなかったという議論が起こった。これについて警察は謝罪文を発表した[1]

この事件の報道で、当初、警察は殺害された女性と事件受付をした警察官との通話の1分20秒分を明らかにしたが、メディアの取材の結果、112(日本の110番に相当)通報センターへの通話時間は7分36秒だったことが分かった[2]

犯人Aは、被害者をスパナーで2回に殴った後、首を締めて殺害したと警察署で示された。

社会的影響[編集]

防犯装備の売上が急増[編集]

この事件の余波で凶悪犯罪への不安が高まり、韓国のオンラインショッピングモールの防犯装備の販売量が増えたことが分かった[3]

判決[編集]

2012年6月1日、検察は犯人の結審公判で死刑が求刑された[4] 電子腕輪付着30年も一緒に要求した。[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (朝鮮語)수원 토막 사건, 경찰 늦장 대응 논란 속 경찰 사과문 발표
  2. ^ 「水原バラバラ殺人事件」の被害女性、7分以上警察と通話
  3. ^ (朝鮮語)온라인몰서 호신용품 매출 급증
  4. ^ 水原女性殺害事件のオ・ウォンチュン被告に死刑求刑
  5. ^ (朝鮮語)20대男, ‘수원 살인마’ 오원춘 폭행하려다