水アレルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水アレルギー(みずアレルギー)は、水蕁麻疹 (aquagenous urticaria, aquagenic urticaria, water urticaria) の俗称である。実際はアレルギー性ではなく物理的刺激による蕁麻疹であり[1]ICD-10ではL23「アレルギー性接触皮膚炎」内ではなく、L50.8「その他の蕁麻疹」に分類される。

きわめてまれな症状であり、記録に残る発症者は世界でこれまで100人に満たない[2]

名前の通りに反応する。自分の体の唾液などにも反応し、皮膚に水がかかるとおよそ15分後に当該部位が赤く腫れ、痒みや激痛を伴う。この症状は2時間ほどで治まるが、患者は相当辛いという[3][4]。なお、アレルギー疾患ではなく皮膚疾患であるため、体内の水分は害をなさない。

現在の医療では特に対処法はない。

脚注[編集]

  1. ^ Grattan, C.E.H.; Humphreys, F. (2007), Guidelines for evaluation and management of urticaria in adults and children, doi:10.1111/j.1365-2133.2007.08283.x, http://www.bad.org.uk/library-media/documents/Urticaria_2007.pdf 
  2. ^ Hoon Park; Hee Su Kim; Dong Soo Yoo; Jin Woo Kim; Chul Woo Kim; Sang Seok Kim; Jong Ik Hwang; Jun Young Lee et al. (2011年). “Aquagenic Urticaria: A Report of Two Cases”. Annals of Dermatology 23 (Suppl 3): S371–S374. doi:10.5021/ad.2011.23.S3.S371. PMID 22346281. 
  3. ^ The teenage girl who is allergic to water.
  4. ^ 水アレルギーを持つ女性.