気象病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

気象病(きしょうびょう、: meteoropathy[1])は、近年認知されつつある病名で、気象天候の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。「天気痛」とも。症状は頭痛食欲不振、気分の落ち込み、めまい[2]メニエール病喘息腰痛肩こり神経痛関節炎リウマチ蕁麻疹吐き気など様々であり、「天気が悪いと古がうずく」と訴える人もいる。心臓発作脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。

概要[編集]

気圧気温湿度などの急激な変化がストレスとなり、自律神経のバランスが崩れることが原因の一つとみられる[2]。具体的には、内耳など気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経系が交感神経優位となり、それがストレス刺激となって様々な疾患のメカニズムを惹起するという考えがある[3]。また、気圧の低下により人体の押される力が減り、血管が拡張しやすくなるのが原因とする説もある[4]日本では梅雨に起きやすく[2]熱中症のように気象病と特定の季節に頻発する季節病の両方の面を併せ持つ病気もある。

ドイツでは気象と病気の関連を調べる「生気象学」の研究が進んでおり、医学気象予報を国民に提供している[5]。日本では、2015年6月15日に世界の原著論文と日本の個別的な状況を科学的にまとめた啓蒙書として、医師が書いた初めての気象病の一般書が刊行され[6]、その後に医師からの一般書の出版が続いている。

対策・治療法[編集]

主な治療法は、規則正しい生活や十分な睡眠、正しい食生活などであるが、他の原因による症状についてはこの限りではない。体力のない人が気象病になりやすい[4]

このほか、空調や除湿器を使って屋内を快適な環境をしつつ[2]それらに過度に頼らず気温変化に身体を慣れさせることや、ストレッチヨガマッサージ[2]が予防と症状緩和に有効であるとの意見がある。乗り物酔い薬で症状を軽くできるケースもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文部省日本気象学会編『学術用語集 気象学編』日本学術振興会、1987年、増訂版。ISBN 4-8181-8703-8
  2. ^ a b c d e 【梅雨の不調よさようなら】天気痛防ぐ耳マッサージ/自律神経整え心身爽快『日本農業新聞』2021年6月11日7面
  3. ^ “「気象病とは何か」(視点・論点)”. 『NHK』解説委員室. (2017年9月12日). http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/279793.html [リンク切れ]
  4. ^ a b 読売新聞』2015年6月7日※記事名・掲載面不明
  5. ^ 世界と日本・大図解シリーズNo.1101「気象病」『東京新聞』朝刊サンデー版(2013年6月30日)
  6. ^ その痛みやモヤモヤは 「気象病」が原因だった. Watanabe, Takanori., 渡邊, 章範. 青春出版社. (2015.7). ISBN 9784413039574. OCLC 913775619. https://www.worldcat.org/oclc/913775619 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]