気象病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

気象病(きしょうびょう、: meteoropathy[1])とは、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。代表的なものとして、「天気が悪いと古がうずく」天気痛、メニエール病喘息めまい症うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、じんましん、吐き気、心臓発作、脳出血などが知られている。メカニズムの詳細は不明であるが、気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経系のバランスが交感神経優位となり、それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考えがある。また、気圧の低下により人体の押される力が減り血管が拡張しやすくなるのが原因[2]。主な治療法は、「規則正しい生活」、「十分な睡眠」や「正しい食生活」などであるが、他の原因による症状についてはこの限りではない。体力のない人が気象病になりやすい[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省日本気象学会編 『学術用語集 気象学編』 日本学術振興会1987年、増訂版。ISBN 4-8181-8703-8
  2. ^ a b 読売新聞、2015年6月7日掲載。

関連項目[編集]