気管支敗血症菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
気管支敗血症菌
Bordetella bronchiseptica 01.jpg
B. bronchisepticaの電子顕微鏡写真
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: βプロテオバクテリア綱
Betaproteobacteria
: バークホルデリア目
Burkholderiales
: アルカリゲネス科
Alcaligenaceae
: ボルデテラ属
Bordetella
: 気管支敗血症菌
B. bronchiseptica
学名
Bordetella bronchiseptica
(Ferry 1912) Moreno-López 1952

気管支敗血症菌Bordetella bronchiseptica、ボルデテラ・ブロンキセプティカ)とはボルデテラ属(Bordetella)に属する細菌であり、感染性気管支炎の原因となる[1]。気管支敗血症菌は各種動物に広く分布し長期間生活環境で持続することができる[2]。同属の近縁種にヒトに固有の百日咳を引き起こす百日咳菌(Bordetella pertussis)がある[3]

病原性[編集]

B. pertussisB. parapertussisとは異なり、B. bronchisepticaはヒトへは感染せず、ネコ、イヌ、ウサギなどの小型の哺乳類の気道に感染する[3][4]

B. bronchisepticaB. pertussisの特徴である百日咳毒素(en:pertussis toxin)を発現しないが、遺伝子によると両者は非常に近縁である[5],[6][7]

動物における病原性[編集]

獣医学において、B. bronchisepticaは複数種の動物を宿主として病原性を示す。B. bronchisepticaPasteurella multocida混合感染は発育阻害や鼻甲介の変形を引き起こす豚萎縮性鼻炎の原因となる[8]B. bronchiseptica はイヌやウサギにおける急性気管気管支炎の原因となる[9]B. bronchisepticaは鼻道においてよく見つけられる。B. bronchisepticaはスナッフルとして知られている無症状様感染症の原因と誤解されるが、実際はPseudomonas multocidaB. bronchisepticaが同時に鼻腔に混合感染することを原因とする[10][4]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ryan KJ; Ray CG (editors) (2004). Sherris Medical Microbiology (4th ed. ed.). McGraw Hill. ISBN 0-8385-8529-9. 
  2. ^ Coote JG (2001). “Environmental sensing mechanisms in Bordetella”. Adv Microb Physiol 44: 141-81. PMID 11407112. 
  3. ^ a b Finger H, von Koenig CHW (1996). Bordetella. In: Barron's Medical Microbiology (Barron S et al, eds.) (4th ed. ed.). Univ of Texas Medical Branch. (via NCBI Bookshelf) ISBN 0-9631172-1-1. 
  4. ^ a b 伊藤隆、伊藤格郎、伊藤冨美雄、ウサギのスナッフルの発生例 日本獣医師会雑誌 Vol.39 (1986) No.2 P107-110, doi:10.12935/jvma1951.39.107
  5. ^ Mattoo S, Foreman-Wykert AK, Cotter PA, Miller JF (2001). “Mechanisms of Bordetella pathogenesis”. Front Biosci 6: E168-86. doi:10.2741/Mattoo. PMID 11689354. 
  6. ^ Diavatopoulos DA, Cummings CA, Schouls LM, Brinig MM, Relman DA, Mooi FR (2005). “Bordetella pertussis, the Causative Agent of Whooping Cough, Evolved from a Distinct, Human-Associated Lineage of B. bronchiseptica”. PLoS Pathog 1 (4): e45. doi:10.1371/journal.ppat.0010045. PMID 16389302. 
  7. ^ 龜沢勝利、百日咳類似菌に就いての研究 (第2報) パラ百日咳菌及び氣管支敗血症菌免疫血清の百日咳菌に対するマウス中和實驗 北関東医学 Vol.5 (1955) No.4 P293-300, doi:10.2974/kmj1951.5.4_293
  8. ^ Lawhorn, Bruce. “Atrophic Rhinitis (PDF)”. Texas Agricultural Extension Service. 2006年11月23日閲覧。
  9. ^ Wagener, J. S., R. Sobonya, L. Minnich and L. M. Taussig (1984). Role of canine parainfluenza virus and Bordetella bronchiseptica in kennel cough. Am J Vet Res 45(9): 1862-6.
  10. ^ Burns, E. H., Jr., J. M. Norman, M. D. Hatcher and D. A. Bemis (1993). Fimbriae and determination of host species specificity of Bordetella bronchiseptica. J Clin Microbiol 31(7): 1838-44

外部リンク[編集]