気管内チューブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
気管内チューブ

気管内チューブ(きかんないチューブ、: Endotracheal tube)または気管チューブとは、気道確保の用具の一つ。気管内チューブを気管内に経口的、経鼻的に挿入する手技を気管挿管と呼ぶ。

歴史[編集]

気管に挿管するチューブは古くから存在し、18世紀には溺水からの蘇生のために金属製のチューブを用いる手技があった[1]。19世紀に気道閉塞に対して金属製のチューブを挿管する試みもあったがこれは失敗に終わっている[2]

20世紀に、太い内腔を持つ気管チューブを通じて吸気呼気を行う方法がアイルランド麻酔科医イヴァン・マギールによって考案された。これは患者の頭を後屈させ、経鼻的に挿管するものだった[3]。カフ付きの気管チューブは米国の麻酔科医アーサー・グーデルとラルフ・ウォーターズによって考案され[4]、現在のようなプラスチック製の形状は米国外科医デビッド・シェリダンによって開発された。

構造[編集]

気管挿管時の模式図。A:気管内チューブ、B:カフ注入チューブ、C:気管、D:食道

現在の診療で最もよく用いられる気管内チューブはポリ塩化ビニル製のシングルルーメンチューブである。側面には挿管の深さを示す目盛りが書かれている。チューブの近位端には人工呼吸器などに接続するためのコネクターがあり、チューブの横にはカフに空気を送り込むための細いチューブ(カフ注入チューブ)が付いている。

チューブ先端の周囲にカフ(風船)が付いており、カフは空気を送り込むと球状や俵型に膨らむ。近年は高容量低圧カフが一般的で、適切に気管内で膨らませると過剰な圧をかけることなくチューブと気管内壁との隙間を塞ぐ。これにより肺が外気から分離され、また、誤嚥などから気道が保護される。

サイズは挿管する対象によって異なり、成人の気道確保には長さ約30cm、内径7.0mm(女性用)または8.0mm(男性用)のものが一般的に用いられる。

使用方法[編集]

経口的に挿管するのが一般的である。喉頭鏡を用いて気管にチューブの先端を挿入し、シリンジを用いてカフ注入チューブに空気を入れ、カフを気管内で膨らませる。その後テープで口角にチューブを固定する。

種類[編集]

  • シングルルーメン気管内チューブ:上記の最も一般的に用いられるチューブ。カフの無いものや、金属製のらせん状のワイヤーで補強したものもある。
  • ダブルルーメン気管内チューブ分離肺換気や片肺換気に用いる。長さの異なる2本の気管内チューブを1本にまとめた構造を持つ。左気管支用と右気管支用とがあり、左気管支用が解剖学的に安全であるため優先されるが、左肺の手術などでは右気管支用が用いられる。左気管支用を用いる場合、短いチューブの先端が気管内、長いチューブの先端が左気管支内に位置するように挿入し、それぞれのチューブ先端にあるカフを膨らませることで、右肺は短いチューブ、左肺は長いチューブによりそれぞれ換気される状態になる。
  • 気管切開チューブ(気管カニューレ)気管切開による気道確保に用いる。長さ約10cmで、喀痰を吸引するためのサイドチューブや頸部前面にチューブを固定するためのウイングが付いている。カフが付いているものと付いていないものがあり、カフ無しのチューブは誤嚥のリスクがあるが発声ができる。

出展[編集]

  1. ^ Curry J: Popular Observations on Apparent Death from Drowning. Northamption, T Dicey and Co, 1792
  2. ^ Trousseau A: Du tubage de la tracheotomie, par M Bouchut. Bull Acad Med 24:99,1858
  3. ^ Magill I: Endotracheal Anesthesia. Proc R Soc Med 22:1-6, 1928
  4. ^ Guedel A, Waters, RM: A new intratracheal catheter. Anesth & Analg 7:238-239, 1928

参考文献[編集]

  • ロナルド D. ミラー『ミラー麻酔科学』メディカル・サイエンス・インターナショナル 2007年 ISBN 978-4-89592-465-8

関連項目[編集]