民族芸能を守る会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

民族芸能を守る会(みんぞくげいのうをまもるかい)は民族芸能の伝承と育成を目的とした芸能関連の任意団体。日本共産党の影響がある[1]。「民俗芸能~」は誤り。

概要[編集]

1967年6月14日、『民族芸能を守る会』発足。会長はタカクラテル、副会長は小生夢坊(こいけ・むぼう)。上野・本牧亭にて月1回の例会を開催。

  • 柳家小三治曰く「思ったことを思い浮かんだままに書いたってだけで。あそこは共産党系ですけど、だからといって別に共産党をヨイショもしてないし。共産党って別に好きじゃないんですよ(笑)。「赤旗まつり」ってとこに毎年引っ張り出されたけどね。[2]」とのこと。

以下浪曲関連のみ抜き出し。

2代目木村重松木村忠衛など出演。 1969年 日中国交正常化前、日中交流の訪問旅行に木村重松#2代目も参加。

1971年、会報『民族芸能』発行。数回[3] の中断・活動休止を経ながら、芸人や地域寄席主催者による同人誌的な会報として続いてきた。

  • 中川明徳「浪曲団体結成史」連載37回

赤い新内の別名がある岡本文弥、落語家の2代目桂枝太郎、トンガリの異名を持つ8代目林家正蔵などが多数出演している。 他に三遊亭円生5代目宝井馬琴東京芸術大学邦楽科を作った平井澄子など。 あとに、人間国宝の柳家小三治9代目入船亭扇橋林家正雀、講談の6代目宝井馬琴6代目神田伯龍一龍斎貞山、邦曲界からは、新内の岡本宮之助が出演。

日本共産党の赤旗まつりに「青空寄席」で協力している。現在、寄席で観るのが稀な演芸が見られる貴重な機会になっている。

関東を中心としたイオンでの寄席にも携わってきた。

現在も中心メンバーとして稲田和浩が関わる。

脚注[編集]

  1. ^ 落語で平和憲法考える “禁演”にしちゃいけません 芸人さんを派遣”. しんぶん赤旗. 日本共産党 (2006年5月3日). 2020年10月21日閲覧。
  2. ^ a b 広瀬和生p.22
  3. ^ 2003年、2021年(予定)。
  4. ^ http://www.jcp.or.jp/maturi/2014/06/post-5.html

参考文献・外部ページ[編集]