民族多元主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

民族多元主義: Ethnopluralismus)は新右翼イデオロギーのひとつで、「民族: Ethnie)」に国家や社会の文化的「純潔化(Reinhaltung)」を求める思想で、人種や民族、文化などが地域ごとに分かれている状態を正当化している。民族多元主義は、生物学主義ドイツ語版者のように血統に基づいてではなく、ある「文化」への帰属に基づいて民族を定義している。「外部」とみなされた社会から影響を受けることは、「固有のアイデンティティ」の危機と考えられる。外国人嫌悪は自然な反応であり、国家社会主義ジェノサイドにつながる生存圏のような概念を使う代わりに、「民族の先祖領域」という表現を使っている。

この概念は、ヘニング・アイヒベルクドイツ語版1973年極右の議論に用いたギリシア・ラテン語系の造語である。彼がこの概念で考えていたのは、人種の文化的差異を国内の現行法で保持すべきという要求であった[1]

イデオロギー[編集]

社会科学者のクルト・レンクドイツ語版とシュテファン・ボルマンの見解によると、様々な民族の「文化的アイデンティティ」の保障という要求の背後には、社会進化論的な見方と、人種という概念は意識的に避けられているものの、はっきりと「近代化した」人種差別が隠されている。[2][3]。「人種」という言葉は、今日ではたいていはネガティブな意味が含まれているので、しばしば「文化」や「民族(Ethnie)」、「人民(Volk)」、「国民(Nation)」という言葉で置き換えられている。人種という概念のうちで本来考えるべき、他者を排除したり軽視する行為について焦点を当てないまま、人種という概念の仕様を放棄するため、人種なき人種差別ドイツ語版と呼ばれることもある[4]

「古典的」人種差別とは違って、民族多元主義はある民族の優位性を主張することはないものの、たいていの場合はそれにも関わらず、ヨーロッパ民族の世界における優勢に基づいて権利を主張している。本質的にはあらゆる「民族」は、自分の文化的・民族的アイデンティティを要求する権利が与えられるべきであるが、もちろん「自分たちの場所」だけでそうするべきというのである。

移民は文化を脅威にさらすと考えられているため、民族多元主義者たちは、移動が引き起こす不利益だけに焦点を当てている。グローバル化した世界でも、諸民族の分離が優先されるべきであるとしている。

1980年の連邦議会選挙戦でのドイツ国家民主党(NPD)のスローガン(「外国人ストップ―ドイツはドイツ人に」)、フランツ・シェーンフーバー共和党が1980年代初頭に用いたスローガン(「ドイツはドイツ人に、トルコはトルコ人に」)に、知的に重要な意味を与えたものが民族多元主義であると考えられている。最終的には、民族多元主義は、アパルトヘイトをワールドワイドなシステムにしようとし、あらゆる混交は固有の集団を脅威に晒すと考える、世界規模のエスノセントリズムであると考えられている[5][6][7]

教育学者のヴィルヘルム・ハイトマイヤードイツ語版は、様々な民族的起源をもつ人々に対して敵意をもった態度に対して、所属グループを対象にした人間敵視ドイツ語版という概念を提示している[8]

歴史[編集]

歴史的な起源はすでにカール・シュミットに見られる。同等の権利を持った、(相対的に)それ自体で同質的な民族の多元体(Pluriversum)をシュミットは前提にしていた[9]1923年に『現代議会主義の精神史的地位』のなかで、シュミットは民主主義には内的な同質性と、場合によっては異質なものの排除が必要だと論じている[10]

民族多元主義の概念は、主にヘニング・アイヒベルクドイツ語版に起因する。彼は新右翼のかつての頭目のひとりであり、1970年代、民族革命的解放哲学に言及するなかで民族多元主義の概念を展開した[11]。さらに有名な先駆者は、フランスの「新右翼(Nouvelle Droite)」知識人でありアラン・ド・ブノワフランス語版であり、彼は、理論サークルGRECEフランス語版で「ethno-différencialisme」の概念を形成した[12]。アラン・ド・ブノワは、「あらゆる民族と文化は、固有の規範」を持ち、「あらゆる文化は、自己充足的な構造」を作り、あらゆる個人は、自分の「文化的」、「民族的」な所属性によって決まるとして民族多元主義を基礎づけた[13]。ブノワは、人権とは普遍的妥当性のない西側思想を表現したものであると考えていた[14]。ドイツの民族多元主義者で有名なのは、極右のトゥーレ・ゼミナールドイツ語版に属すピエール・クレープスドイツ語版である[15]1980年NPDの連邦議会選挙後に作られ、1982年に発表されたハイデルベルク・マニフェストドイツ語版が、民族多元主義の概念を世間に広めるうえでの重要な事件となった[16]。このマニフェストは、メディアにセンセーションを引き起こし、過剰外国化に対してドイツの大学教授が訴えているということが問題であった。1989年の右翼系新聞ユンゲ・フライハイトドイツ語版の7-8月号では、「民族多元主義」の見出しがつき、そのシリーズは1991年12月号まで続き、1992年からは「ナショナリズム問題」という見出しに改称された[17]NPDは、2002年に発表した方針報告書で民族多元主義に言及している[18]

学術的な基礎づけのために、イレネウス・アイブル=アイベスフェルトのような戦後の行動科学者の研究が引用された。彼自身も自分の考えを政治化している。アイベスフェルトによれば、「異質な人間」に対する不安感、あるい「外国人恐怖症」は、系統進化上、先行プログラム化されているが、しかし教育によっても影響を受けることがある。

明らかに外国人嫌悪は、人間の行動レパートリーのうちで重要な構成要素のひとつを形成している。それは系統進化上の適応として存在しているが、しかし教育によってもかなり調整することができる。……母親というのは、言うことを聞かない子供に向かって、知らない人に連れて行かれるよと脅し、見知らぬ人に対する不安を利用するものだ。このことは、外国人恐怖を裏付けている。しかし、このような嫌悪は、教育的に効果があるかどうかとは無関係に、先行的に設定されたプログラムに基づいて発展するのである[19]

民族多元主義の代表者たちは、文化的な論証だけでなく、社会学から生物学主義ドイツ語版であるとして却下されていた[20]、民族の遺伝的な差異にも言及している[21]

受容[編集]

民族多元主義の概念は、人種民族文化などの分離を正当化する機能を持つだけでなく、極右がさらに理論形成を広げることを可能にしている。もし実際に様々な優劣のない文化が定理として存在しているというのなら、そこに属する道徳や法の考えもそれぞれ観察されなければならないだろう。人権はもはや普遍的なものではなく、あるマイノリティが発展させた構成物であり、他人に強制されたものである[22][23]

このような定理の批判者は、民族の定義が難しいと述べている。だから、ある民族のアイデンティティについて話すことはできない。別の批判者、特にカルチュラル・スタディーズの代表者は、文化は、異文化との交流によって発展してきたことを指摘している。例えばギリシア哲学は、沿岸地域で最も早く発達した。なぜなら、異文化との交流が極めて頻繁にあったからである。

民族多元主義との関連で、ホームランドへと黒人を隔離する南アフリカアパルトヘイト政策、「分離しているが平等英語版」というアメリカ合衆国南部の人種隔離政策との関係が取りざたされている。ゲーロ・フィッシャードイツ語版1998年に「文化多元主義がもたらしたのは結果として新しい世界秩序としてのアパルトヘイトである」と述べている[6]。またミヒャエル・ミンケンベルクドイツ語版は「民族多元主義は外見上は多元主義的でリベラルであるに過ぎない。グローバルに地理的に民族を隔離することを要求する、ワールドワイドなアパルトヘイトである」と述べている[7]

参考文献[編集]

  • Frank Teichmann: Kapitel B.4 Der Ethnopluralismus oder wohin die völkische Vielfalt führt. S. 157-199 In: Henning Eichberg: Nationalrevolutionäre Perspektiven in der Sportwissenschaft, Europäische Hochschulschriften Bd. 211, Peter Lang Verlag 1991
  • Patrick Moreau: Die neue Religion der Rasse. Der neue Biologismus und die kollektive Ethik der Neuen Rechten in Frankreich und Deutschland. In: Fetcher 1983, S. 119
  • Wolfgang Gessenharter: Intellektuelle Strömungen und Vordenker in der deutschen Neuen Radikalen Rechten. In: Thomas Grumke, Bernd Wagner: Handbuch deutscher Rechtsradikalismus. Leske + Budrich, Opladen 2002, S. 189-201; siehe insbes. Kapitel „Ethnopluralismus“, S. 194f. ISBN 3810033995.
  • Gero Fischer: Ethnopluralismus, Multikulturalismus und interkulturelle Erziehung. In: Reinalter, Petri, Kaufmann (Hg): Das Weltbild des Rechtsextremismus. Wien 1998, S.243-259.
  • Ulrich Prehn: Die wechselnden Gesichter eines „Europa der Völker“ im 20. Jahrhundert. Ethnopolitische Vorstellungen bei Max Hildebert Boehm, Eugen Lemberg und Guy Héraud. In: Heiko Kauffmann, Helmut Kellershohn, Jobst Paul (Hrsg.): Völkische Bande. Dekadenz und Wiedergeburt – Analysen rechter Ideologie. Münster 2005, ISBN 3-89771-737-9.
  • Mark Terkessidis: Kulturkampf. Volk, Nation, der Westen und die Neue Rechte. Köln 1995.

脚注[編集]

  1. ^ Richard Stöss: Rechtsextreme Parteien in Westeuropa. In: Oskar Niedermayer, Richard Stöss, Melanie Haas: Die Parteiensysteme Westeuropas, VS-Verlag 2006, ISBN 3531141112, S. 525
  2. ^ Kurt Lenk, Rechtsextreme „Argumentationsmuster“ online einsehbar
  3. ^ Stefan Borrmann, Soziale Arbeit mit rechten Jugendcliquen, VS Verlag 2005 S.43
  4. ^ Vgl. u.a. bei Angelika Magiros (2004): Kritik der Identität. 'Bio-Macht' und 'Dialektik der Aufklärung' - Werkzeuge gegen Fremdenabwehr und (Neo-)Rassismus. Münster 2004, insbes. S. 166 ff. / Weitere Autoren: Barker, Caglar, Taguieff, Balibar, Bielefeld, Jaschke, Terkessidis, Prehn s. u. „Literatur“.
  5. ^ Begriff des Rechtsextremismus, Artikel des DÖW, 30. April 2001
  6. ^ a b Gero Fischer, Ethnopluralismus, Multikulturalismus und interkulturelle Erziehung, In: Helmut Reinalter, Franko Petri, Rüdiger Kaufmann, Das Weltbild des Rechtsextremismus: die Strukturen der Entsolidarisierung, Studien Verlag, 1998, S. 243
  7. ^ a b Michael Minkenberg, Die neue radikale Rechte im Vergleich: USA, Frankreich, Deutschland, Westdeutscher Verlag 1998, S. 364
  8. ^ Wilhelm Heitmeyer: Menschenfeindlichkeit Ein Land, zwei Gesellschaften. Zeit Online, 6. Dezember 2008, Abgerufen am 10. Januar 2012
  9. ^ Carl Schmitt: Der Begriff des Politischen 1927
  10. ^ Vgl. Carl Schmitt: Die geistesgeschichtliche Lage des heutigen Parlamentarismus; Berlin 1985, S.12ff.
  11. ^ Richard Stöss, Rechtsextreme Parteien in Westeuropa, In: Oskar Niedermayer, Richard Stöss, Melanie Haas, Die Parteiensysteme Westeuropas, VS-Verlag 2006, S.525
  12. ^ Eckhard Jesse, Hans-Peter Niedermeier, Politischer Extremismus und Parteien, Duncker & Humblot, Berlin 2007, S.23
  13. ^ Vgl. Christoph Schütte, Intellektuellendämmerung und Völkererwachen. Die Rezeption der Nouvelle Droite in Deutschland, in: Vorgänge 31 (1992), S. 51 -60.
  14. ^ Kritik der Menschenrechte, Verlag Junge Freiheit, Berlin 2004
  15. ^ Wilfried Schubarth/Richard Stöss: Rechtsextremismus in der Bundesrepublik Deutschland: eine Bilanz, Leske & Budrich 2001, S.118
  16. ^ Brigitte Kossek: Gegen-Rassismen. Konstruktionen, Interaktionen, Interventionen, Argument Verlag 1999, S.62
  17. ^ Klaus Kornexl, Das Weltbild der Intellektuellen Rechten in der Bundesrepublik Deutschland. Dargestellt am Beispiel der Wochenzeitschrift Junge Freiheit, im Kapitel 2.5. Ethnopluralismus - «ein ideologisches Gespenst», Herbert Utz Verlag 2008, S. 175
  18. ^ Verfassungsschutzbericht 2002 von Hessen, S.56. Dort wiederum Bezug auf die Primärquelle: Profil – Nationaldemokratische Schriftenreihe, Folge 12, Strategische Leitlinien zur politischen Arbeit der NPD, NPD-Parteivorstand (Hrsg.), Berlin 2002, S.17
  19. ^ Irenäus Eibl-Eibesfeldt: Die Biologie des menschlichen Verhaltens - Grundriß der Humanethologie, Piper, München 1984, S. 223 und S. 476
  20. ^ Dieter Staas: Migration und Fremdenfeindlichkeit als politisches Problem, LIT Verlag, Münster 1994. ISBN 382582330X, S. 100.
  21. ^ Margret Feit, Die „Neue Rechte“ in der Bundesrepublik: Organisation, Ideologie, Strategie, Campus 1987, S.106
  22. ^ Jens Urbat: Rechtspopulisten an der Macht: Silvio Berlusconis Forza Italia im neuen italienischen Parteiensystem, LIT Verlag 2007, S. 39, Abschnitt Ethnopluralismus
  23. ^ Wolfgang Gessenharter, Thomas Pfeiffer, Die neue Rechte: eine Gefahr für die Demokratie?, VS Verlag 2004, S. 40f, Kapitel 4.3. Ethnopluralismus statt universale Menschenrechte

外部リンク[編集]