民主社会のための弁護士会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
民主社会のための弁護士会
各種表記
ハングル 민주사회를 위한 변호사모임
漢字 民主社會를 爲한 辯護士모임
日本語読み: みんしゅしゃかいのためのべんごしかい
英語表記: MINBYUN-Lowyers for a Democratic Society
テンプレートを表示

民主社会のための弁護士会(みんしゅしゃかいのためのべんごしかい)は、韓国における弁護士の団体である。略称は「民弁」(민변)。

概要[編集]

民弁は、全斗煥政権に反対する運動があった1980年代中盤、1986年の若手弁護士であった李敦明、韓勝憲、洪性宇が結成した「正義実践法曹人会」(正法会)を発展させる形で、民主化してまだ間もない1988年5月28日に結成された。 

2006年6月現在、543名が加盟している。

民弁の目的[編集]

  1. 基本的人権擁護と民主主義実現のために弁護士として寄与する。
  2. 人権擁護と社会正義、民主主義実現のための法制度の改善

民弁の活動[編集]

  1. 良心囚に対する弁護活動
  2. 様々な人権問題や制度の問題点に関する声明発表
  3. 報告書や小冊子の発行、公聴会や討論会の開催などを通じた世論形成のための活動

脚注[編集]

関連項目・外部リンク[編集]