民主主義映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

民主主義映画(みんしゅしゅぎえいが)は、終戦直後の日本でGHQが占領政策を推進するために、邦画各社に製作を奨励した一種のプロパガンダ映画である。

主な作品[編集]

東宝[編集]

松竹[編集]

大映[編集]

  • 最後の攘夷黨