氏家照彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うじいえ てるひこ
氏家 照彦
生誕 (1946-08-29) 1946年8月29日(73歳)
宮城県
出身校 慶應義塾大学経済学部
職業 銀行家

氏家 照彦(うじいえ てるひこ、1946年(昭和21年)8月29日 - )は、日本銀行家七十七銀行代表取締役会長。慶應義塾大学仙台三田会副会長[1]。七十七銀行頭取・会長を務めた4代目氏家清吉の孫。七十七銀行頭取・会長を務めた氏家榮一の長男。

来歴・人物[編集]

氏家榮一の長男として宮城県に生まれる。慶應義塾大学経済学部を卒業。興銀勤務を経て、1993年に七十七銀行へ入行。以降、専務、副頭取等を歴任。2010年には頭取に昇格[2]2018年会長に退く[3]

略歴[編集]

  • 1969年(昭和44年) - 慶應義塾大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。関連事業部参事役等を歴任する[4]
  • 1993年(平成5年) - 七十七銀行入行、取締役営業開発部長委嘱[4]
  • 1995年(平成7年) - 取締役営業推進部長委嘱[4]
  • 1997年(平成9年) - 取締役本店営業部長委嘱[4]
  • 1998年(平成10年) - 常務取締役本店営業部長委嘱[4]
  • 1999年(平成11年) - 常務取締役調査部長委嘱[4]
  • 2002年(平成14年) - 専務取締役[4]
  • 2005年(平成17年) - 代表取締役副頭取[4]
  • 2010年(平成22年) - 代表取締役頭取[4]
  • 2018年(平成30年)- 代表取締役会長[4]

家族・親族[編集]

氏家家

宮城県角田市、仙台市青葉区支倉町・青葉区広瀬町、東京都

  • 祖父・清吉(宮城県多額納税者[5]、政治家、銀行家) - 貴族院議員、七十七銀行頭取[6][7]
1892年 - 1956年
  • 祖母・愛子(宮城、岡昱太郎の長女)[6][7]
1893年 -
  • 父・榮一(銀行家) - 七十七銀行頭取[6][7]
1915年 - 2002年
  • 母・茂子(東京、吉田善吾の三女)[6][7]
1918年 - 2010年
1917年 - 2008年
  • 叔母(東京、石川一郎の長男馨に嫁ぐ)[6][7]
1922年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ 慶應義塾大学仙台三田会”. 2013年10月29日閲覧。
  2. ^ “七十七銀行頭取に氏家氏が昇格”. 日本経済新聞. (2010年5月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO07334660U0A510C1EE1000/ 2015年9月23日閲覧。 
  3. ^ “<七十七銀>頭取に小林氏 氏家氏は会長就任へ”. 河北新報. (2018年5月12日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201805/20180512_12008.html 2018年6月30日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j 「役員の状況」『株式会社七十七銀行有価証券報告書 ‐ 第135期』
  5. ^ 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『豪閥 地方豪族のネットワーク』32-42頁。
  7. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 上』ウ43頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月22日閲覧。
  8. ^ 『週刊ダイヤモンド』2016年4月2日号

参考文献[編集]

  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。ISBN 4651700799