毛岸英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毛岸英
Mao Anying.jpg
ソ連軍軍服を着た毛岸英
プロフィール
出生: 1922年10月24日
死去: 1950年11月25日
出身地: 湖南省長沙市
職業: 軍人
各種表記
繁体字 毛岸英
簡体字 毛岸英
拼音 Máo Ànyīng
和名表記: もう がんえい
発音転記: マオ アンイン
テンプレートを表示

毛 岸英(もう がんえい、1922年10月24日 - 1950年11月25日)は、中華人民共和国の軍人。毛沢東楊開慧長男。弟に毛岸青がいる。

湖南省長沙市に生まれる。共産党の活動家であった母の楊開慧は毛岸英が8歳の時に国民党軍に逮捕・銃殺された。母の死後、上海浮浪児となっていたところを発見され、1936年ソ連モスクワ東部イヴァノヴォにあるインタードームに留学した[1]第二次世界大戦中は赤軍に加わり、独ソ戦ではポーランドで砲兵として戦った[2]

妻の劉松林と

1947年ソ連共産党に入党、ロシア語に堪能なために幹部のロシア語通訳として勤務した。1949年10月に劉松林と結婚する。1950年夏に北京機器総厰の党総支部の副書記に任じられた。しかし、朝鮮戦争彭徳懐のロシア語通訳として従軍中、平安北道昌城郡東倉面大楡里(現在の東倉郡大楡労働者区)において、アメリカ空軍のナパーム弾による爆撃戦死した。

毛岸英の墓は朝鮮民主主義人民共和国平安南道檜倉郡の中国人民志願軍烈士陵園にあり、銅像も存在する[3]中朝関係を象徴するものとして、北朝鮮の最高指導者でもある金正日[4]やその後継者の金正恩[5][6][7][8]など両国の要人が訪れている[9]。中国側でも、国境の町遼寧省丹東市の市街地を見下ろす丘にある「抗米援朝記念館」に毛岸英の胸像がある[10]

没後60年にあたる2010年には毛岸英を主人公とするテレビドラマが制作され、中央電視台より放送された。

毛岸英学校[編集]

毛岸英が1950年10月23日夜、朝鮮へ渡った場所とされる鴨緑江岸の遼寧省寛甸満族自治県長甸鎮河口村には、毛岸英の胸像、「毛岸英学校」、および校内に「毛岸英生平業績陳列館」が建てられている。

建設経緯[編集]

2001年、作家の楊大群(1927年-)が「毛岸英」を執筆、その印税を学校建設に寄付したほか、同年6月18日、毛岸英の妻だった劉思齊(1930年-、別名・劉松林、1962年に再婚)が河口村を訪れ学校建設について協議した。その後、各界からも寄付を募り、2003年9月26日に学校竣工、デザイン設計は大連理工大学土木建筑設計院が担った。2010年、抗美援朝60周年に合わせて毛岸英学校の教師と生徒が北朝鮮の中国人民志願軍烈士陵園を訪れ献花した。[11]

脚注[編集]

  1. ^ 「李樹華の戦時ソ連生活回顧」&「イヴァノヴォ学校の子供たち」[新京報 2015.05.08.] (中国語)
  2. ^ Pathanothai, Sirin. The Dragon Pearl. Simon and Schuster. 1994. p 163.
  3. ^ 中国軍上層部代表団が朝中友誼塔に献花”. 中国網. 2016年9月4日閲覧。
  4. ^ “金総書記の「中朝血盟ショー」、毛岸英氏の墓に献花”. 東亜日報. (2010年10月29日). http://japanese.donga.com/List/3/all/27/313606/1 2018年4月14日閲覧。 
  5. ^ “正恩氏、デビューの途端に出ずっぱり 「後継」アピール”. 朝日新聞. (2010年10月29日). http://www.asahi.com/special/08001/TKY201010280518.html 2018年4月14日閲覧。 
  6. ^ “金正恩氏が中国人民志願軍烈士の墓地を参拝”. 人民日報. (2013年7月31日). http://j.people.com.cn/94474/8347666.html 2018年4月14日閲覧。 
  7. ^ “金正恩総書記、中国人民志願軍の墓に花輪を贈呈”. 中国網. (2015年7月28日). http://japanese.china.com/news/world/329/20150728/426958.html 2018年4月14日閲覧。 
  8. ^ “金正恩氏 毛沢東氏長男の墓参拝=休戦協定締結65周年迎え”. 聯合ニュース. (2018年7月27日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/07/27/0200000000AJP20180727000200882.HTML 2018年7月28日閲覧。 
  9. ^ 朴斗植「朝鮮戦争は「正義の戦争」だったという習近平氏」、『朝鮮日報』日本語版、2010年10月27日付コラム。平岩俊司『北朝鮮 変貌を続ける独裁国家』(中公新書、中央公論新社、2013年)189-190頁。新華社『新華網日本語版』「金正恩氏、桧仓郡の中国人民志願軍烈士陵園に赴き弔う」、2013年7月31日付(2015年10月閲覧)。
  10. ^ 二つの線が町の運命を変えた 鉄原1945~1953”. 朝日新聞. 2015年6月21日閲覧。
  11. ^ “訪問団が毛岸英学校の掲揚式に参加 老校長の退職前の願い”. 東方網. 2017年1月29日閲覧。