毛利勝家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 勝家(もうり かついえ、1601年慶長5年) - 1615年6月4日(慶長20年5月8日))は、江戸時代初期の武将。通称は式部。

父は毛利勝永で、母は土佐山内氏の家臣の娘といわれる。関ヶ原の戦いに敗れ改易された父・祖父の配流先の土佐国で生まれたと思われる。慶長19年(1614年)に豊臣秀頼に招かれた父・勝永に従い大坂城に入城した。大坂冬の陣大坂夏の陣ともに父に従軍、天王寺・岡山の戦いでは敵の首級を挙げるなど、奮戦した。勝永が惜しきものよと口走るほどであった。大坂城落城時に父とともに自刃した。享年15。