比田井小琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

比田井 小琴(ひだい しょうきん、1885年明治18年)6月3日 - 1948年昭和23年)5月3日)は、日本の書家比田井天来の妻。小琴で本名、元子。旧姓、田中。

大正から昭和初期にかけて、かな書道の最高指導者として活躍した。息子に、現代書道家の比田井南谷がいる。

略歴[編集]

1885年、東京市日本橋区(現在の東京都中央区日本橋)に生まれる。1900年、15歳で書道を志してかなを学び、翌年に天来と結婚した後は法帖の臨書に努めた。1910年頃から鎌倉高等女学校(現在の鎌倉女学院中学校・高等学校)の習字科教授となり、1923年まで在職した。1933年には文部省の嘱託により教科書「高等小學書方手本女子用」を執筆した。

また、天来が創立した書学院(現在の天来書院)においても教授部の運営などを担当し、太平洋戦争終結後、同院が一時期活動停止になった際には再興に尽力した。

1948年、62歳で没した。

天来と結婚前に阪正臣の内弟子であった時期がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 奥山錦洞『日本書道史』藤森書店、1982年(清教社、1943年の覆刻版)