比治山橋停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
比治山橋駅から転送)
移動先: 案内検索
比治山橋停留場
停留場を西から見る
停留場を西から見る
ひじやまばし
Hijiyama-bashi
H5 比治山下 (0.5km)
(0.3km) 南区役所前 H7
所在地 広島市南区比治山本町
駅番号 H6
所属事業者 広島電鉄
所属路線 皆実線
キロ程 1.4km(的場町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1944年(昭和19年)12月27日
テンプレートを表示

比治山橋停留場(ひじやまばしていりゅうじょう、比治山橋電停)は、広島県広島市南区比治山本町にある広島電鉄皆実線路面電車停留場である。

歴史[編集]

比治山橋停留場が開業したのは1944年(昭和19年)12月のことで、皆実線の開通と同時に開設された[1]。しかし開業の翌年、1945年(昭和20年)8月6日には原爆が投下され、皆実線をはじめ広島電鉄の市内線は全線が不通となる[1]。皆実線が被爆から復旧したのは1948年(昭和23年)のことであった[1]

構造[編集]

皆実線の軌道は道路上に敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームが設けられている。ホームは低床式で2面あり、2本の線路を挟んで向かい合わせに配置された相対式ホームという形態をとる[2][3]。起点から見て線路の左に皆実町六丁目方面へ向かう下りホームが、右に的場町方面へ向かう上りホームがある[2]

運行系統[編集]

当停留場には広島電鉄で運行されている系統のうち、5号線のみが乗り入れている。

下りホーム 5号線 広島港ゆき・宇品二丁目ゆき・皆実町六丁目ゆき
上りホーム 5号線 広島駅ゆき

周辺[編集]

西側は京橋川が流れ、当停留場に隣接して比治山橋が架かる[2]。比治山橋は被爆橋梁の一つで[2]、橋のたもとには被爆石碑「広島県道路元標」もある。対岸は中区になり、住宅街である。東側は比治山の南端にあたり、麓は住宅街のほか行政関連の施設も多い。

隣の停留場[編集]

広島電鉄
皆実線
比治山下停留場 (H5) - 比治山橋停留場 (H6) - 南区役所前停留場 (H7)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  2. ^ a b c d 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、10・82頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  3. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、103・107頁。ISBN 978-4-7942-1711-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]