比村奇石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
比村 奇石
生誕 日本の旗 日本北海道
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 2003年 -
ジャンル 青年漫画
イラスト
代表作月曜日のたわわ
テンプレートを表示

比村 奇石(ひむら きせき[1])は、日本漫画家イラストレーター男性[2]北海道出身、神奈川県在住[1]

来歴[編集]

2003年平成15年)より同人サークル「比村乳業」の活動を開始。その後、脱サラ[3]2013年(平成25年)より本格的に商業活動を開始。

2015年(平成27年)2月23日から毎週月曜日にTwitterに投稿し後に『月曜日のたわわ』としてシリーズ化された作品群が話題となり[3]2016年(平成28年)にはアニメ化され、ネット配信された[4][5][6]

人物像・エピソード[編集]

最も影響を受けた作品は天王寺きつねの『オルフィーナ[3]。また参考にしている作家として、自身がコミカライズを手がける『ソードアート・オンライン』のテレビアニメキャラクターデザインを担当する足立慎吾を、好きな作品に『ヴィンランド・サガ』・『ドリフターズ』・『ヒストリエ』を挙げている[3]

『月曜日のたわわ』をはじめ青色を基調としたイラストが多く、トレードマークとなっている[3]。この青色は元々ジンクスとして下書き用に使われていたである[3]

サークル「比村乳業」はコミックマーケットにおいて長蛇の列ができる壁サークルとなっており、その頒布の手際の良さと列回転の速さが「アトラクション」・「比村サーキット」などと呼ばれ親しまれている[4]

作品[編集]

連載[編集]

アンソロジー[編集]

イラスト[編集]

テレビアニメ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日々、平穏”. 2021年4月14日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 「比村奇石」のプロフィール”. 2021年4月14日閲覧。 (日本語)
  3. ^ a b c d e f 比村奇石 (2016年8月1日). 「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」 Twitterの人気コンテンツ“月曜日のたわわ”はどうやって生まれたか、漫画家・比村奇石さんに話を聞いた(2016年(平成28年)8月1日 08時00分). インタビュアー:イッコウ. ねとらぼ.. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1608/01/news020.html 2021年4月14日閲覧。  (日本語)
  4. ^ a b まさかのアニメ化!比村奇石『月曜日のたわわ』YouTubeで配信スタート、全12話を予定(2016年(平成28年)10月10日 10時48分)”. ウレぴあ総研 (2016年10月10日). 2021年4月14日閲覧。 (日本語)
  5. ^ 「月曜日のたわわ」公開当日に削除 YouTubeと原作者のコメントは...(2016年(平成28年)10月10日 22時41分 JST”. huffingtonpost (2017年10月10日). 2021年4月14日閲覧。 (日本語)
  6. ^ YouTubeで削除されたアニメ『月曜日のたわわ』、公開先をニコニコに変更(2016年(平成28年)10月17日 11時31分)”. ニコニコニュース. DWANGO. 2021年4月14日閲覧。 (日本語)
  7. ^ 鴨志田一×比村奇石のオリジナルアニメ「Just Because!」製作決定(2017年(平成29年)6月15日 10時00分)”. 映画.com (2017年6月15日). 2021年4月14日閲覧。 (日本語)

外部リンク[編集]