ひがもえる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
比嘉モエルから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ひがもえる(本名:比嘉 崇(ひが たかし)、1974年11月4日[1] - )は、日本お笑い芸人沖縄国際大学中退[1]。所属事務所ソーレアリア[1]沖縄県出身[1]

来歴[編集]

高校の同級生である小波津正光(まーちゃん)と、1994年お笑いコンビ「ぽってかすー」(沖縄弁で間抜けの意)を結成[2](現在は活動休止中[1])。沖縄時代はFECオフィスに所属。コンビではシーサー比嘉の名前を使用。有吉弘行小籔千豊と同期。

沖縄のローカルタレントとして活動していたが、1999年に東京進出[3]、ソーレアリアに所属。上京後に先輩芸人のトークライブ「アニメ会」を観たことをきっかけにアニメにハマり、同人誌制作まで始めるほどになる。2008年に相方の小波津が沖縄に戻り再びローカルタレントに転向したが、秋葉原通いを続けたいがために東京に居残り続けており、そのためにコンビは活動休止状態にある。ピン芸人として、主にライブやアニメ、アイドル関連の仕事をこなしている。

人物[編集]

  • 身長176cm[1]、体重80kg[1]。趣味はアニメとギャルゲー[2]。同人誌製作もしている[2]SKE48のファン。
  • アニメ芸人が集まって結成されたトークユニット「アニメ会」のメンバー。
  • 滑舌が悪く、かなりの率で滑舌の悪さについていじられる。
  • アニメ会のポッドキャスト番組「アニメ会の『ヲタめし!』」では問題点が多いと言われて比嘉への苦情を「比嘉を考える会」宛に送ってくれと言われている。
  • 同人誌制作を行っており、ひがスィーと言うペンネームを持つ。
  • 2015年4月1日に芸名を比嘉モエルから、ひらがな表記のひがもえるに改名する。
  • ネタは基本的に漫画やアニメのマニアックな知識を前提としたものばかりであり、ガンダムジムになりきっての1人コントなどを行う。他に手塚治虫キティちゃんのネタもある。
  • 地上波での初のピンネタ披露は『有田P おもてなす』(2018年10月20日)。小宮山悟が、たまたま見に行ったライブにて「あの年であんなネタをしているなんて」と印象に残っていたことによる起用だった。

出演[編集]

ぽってかすー時代[編集]

ピン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ソーレアリア | タレントプロフィール | ひがもえる Archived 2013年2月13日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c 関連人物検索結果 フジテレビ
  3. ^ 相方がテレビで下半身を露出して沖縄のテレビ局を出禁になったからと述べているが、真相は不明。

外部リンク[編集]