比嘉もえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

比嘉 もえ(ひが もえ、2007年 - )は、日本アーティスティックスイミング選手。広島県出身。AS広島所属。広島市立天満小学校[1]在学。

来歴[編集]

小学3年生の時から競技を始め、4年生の2017年8月、第40回全国ジュニアオリンピックカップにデュエットで初出場[1]

続く2018年(5年生)、2019年(6年生)はソロ競技(10~12歳)に出場。2年連続で優勝し[2][3][4]、ジュニアの頂点に立つ。

幼い頃は全く泳げなかったが、片山満津芳コーチの特訓と一日10時間に及ぶトレーニングにより実力を伸ばしている。


テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b シンクロデュエット 広島の小学生きょうから初陣 (PDF)”. 安田小学校. 中国新聞SELECT (2017年8月22日). 2019年10月17日閲覧。
  2. ^ 全国ジュニアオリンピックカップ2日目”. アーティスティックスイミング マーメイドジャパン日記. 日本水泳連盟 (2018年8月24日). 2019年10月17日閲覧。
  3. ^ 第42回全国JOCジュニアオリンピックカップAS競技2日目”. アーティスティックスイミング マーメイドジャパン日記. 日本水泳連盟 (2019年8月24日). 2019年10月17日閲覧。
  4. ^ 県勢初 AS広島が全国で「3冠」”. 中国新聞デジタル (2019年9月3日). 2019年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]