毒物質 (原子力)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

毒物質(どくぶっしつ、: poison)または毒物ポイズン妨害物質[1]とは、中性子反応断面積が大きい核分裂生成物のことである。反応断面積が大きいため中性子をよく吸収し、よくも悪くも原子炉内での核分裂反応を低下させる[2]。毒物質により原子炉の核反応が制御される[1]キセノン135などは原子炉停止直後に増加するため再起動を困難にする[2]。またホウ素10のように核反応を低下させるなどの目的のため外部から持ち込まれる物質も毒物質という[2]

原子炉内部で核分裂反応を断続的に引き起こすには中性子の量を一定に保つことが重要であり、このような性質を持った毒物質は核反応にとって重要な影響を及ぼす物質となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「poison」『理化学英和辞典小田稔ほか編、研究社1998年ISBN 4-7674-3456-42013年3月4日閲覧。
  2. ^ a b c 「時定数」『岩波理化学辞典長倉三郎ほか編、岩波書店1998年、第5版。ISBN 4-00-080090-62013年3月4日閲覧。

関連項目[編集]