Ecology of Everyday Life 毎日の環境学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ecology of Everyday Life 毎日の環境学
小沢健二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル エレクトロニカ[1]
インストゥルメンタル
時間
レーベル 東芝EMI
プロデュース 小沢健二
チャート最高順位
小沢健二 アルバム 年表
刹那
2003年
Ecology of Everyday Life 毎日の環境学
2006年
我ら、時 通常版
2014年
テンプレートを表示

Ecology of Everyday Life 毎日の環境学』(エコロジー オヴ エヴリデイ ライフ まいにちのかんきょうがく)は、小沢健二の5枚目のオリジナル・アルバム2006年3月8日東芝EMIから発売された。

解説[編集]

2002年に発売のアルバム『Eclectic』以来4年ぶりのリリースで、全曲インストゥルメンタルの作品となっている[3]。紙ジャケット仕様。

タイトルの元ネタは、チャイア・ヘラー著の『Ecology Of Everyday Life』で、ジャケットのイラストは1981年に出版された『Der Zupfgeigenhansl』が元ネタとなっている。[4]

アーティスト写真が撮影されていなかったので、アーティスト写真の代わりにジャケット写真が使われることがあった。

収録曲の演奏時間が6分以上と長く、全曲で60分を越え、小沢のアルバムでは最長の作品。前作に続いて全曲シングル・カットされておらず、ミュージック・ビデオも制作されていない。

なお、アルバムタイトルに入っている「Ecology」の本来の意味は「生態学」であり[5]、「環境学」という訳はあまり適当ではない[注釈 1]

収録曲[編集]

  1. THE RIVER あの川 [7:38]
  2. VOICES FROM WILDERNESS 未墾の地よりの声 [7:12]
    あらし」の一部が使用されている。
  3. ECOLOGY OF EVERYDAY LIFE 毎日の環境学 [8:24]
    タイトル曲。
  4. JETSET JUNTA 空飛ぶ政府 [7:06]
  5. THE SEA(I CAN HEAR HER BREATHING) あの海(彼女の息吹きが聞こえる) [10:06]
    「THE RIVER あの川」の一部が再び使用されている。
  6. SOLO LE PIDO A DIOS 祈ることは [7:59]
    愛について」の一部が使用されている。
  7. SHADOW WORK 影にある仕事 [6:35]
  8. SLEEPERS AWAKE/MATHRIMBA 眠れる人、目覚めよ/マトゥリンバ [8:46]

参加ミュージシャン・スタッフ[編集]

※出典[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「環境学」は、英語で「Environmental science」と訳すのが正しい。

出典[編集]

  1. ^ “小沢健二、待望のツアーはファンク交響楽”. Lmaga.jp (京阪神エルマガジン社). (2018年3月7日). https://www.lmaga.jp/news/2018/03/36425/ 2019年11月6日閲覧。 
  2. ^ オリコン週間 アルバムランキング 2006年03月06日〜2006年03月12日 31〜40位”. ORICON NEWS. オリコン (2006年3月20日). 2019年11月6日閲覧。
  3. ^ “小沢健二がSEKAI NO OWARIとのコラボと共に新たな旅に出る理由”. rockinon.com (ロッキング・オン). (2017年9月8日). https://rockinon.com/news/detail/166814 2019年11月6日閲覧。 
  4. ^ a b Kenji Ozawa - Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学 (2006, CD)”. Discogs. Zink Media, Inc.. 2019年11月8日閲覧。
  5. ^ ecologyの意味・使い方・読み方|Weblio英和辞書”. ウェブリオ株式会社. 2019年11月6日閲覧。