母線 (配電)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

母線(ぼせん)とは、変電所受電設備において、電力を分配する主回路となる導体である。

構造[編集]

裸母線[編集]

裸母線とは、絶縁被覆の無い導体をがいしで固定して使用するものである。

密閉母線[編集]

密閉母線とは、接地した金属箱内に導体を収納するものである。

構成[編集]

母線構成の比較
構成 信頼性 系統運用 設備費 用途等
二重母線4プスタイ方式 事故時に1/4母線のみ停止 4変電所に分割可能 高い 重要度の高い基幹変電所
1・1/2遮断機母線方式 母線事故時に系統への影響がほとんどない 遮断機点検時の当該線路停止なし 高い
制御回路が複雑
保守費用も高い
二重母線方式 事故時に1/2母線のみ停止 2変電所に分割可能 普通 1次変電所以上の重要度の高いもの
環状母線方式 事故時の停止範囲の局在化が可能 自由度か低い
遮断機点検時の当該線路停止なし
高い 発電所の昇圧用
単母線方式 母線事故時に一旦全停電する 自由度か低い
断路器での分割運用は可能
安い 配電変電所
増設工事前の1次変電所
ユニット方式 地中ケーブル・機器の信頼性向上
事故時の2次側自動切替などで信頼性確保できる
自由度か低い
系統が単純で運用しやすい
安い
受電用遮断器が省略され保守費用が安い
転送遮断が必要
都市部の地下変電所

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『挑戦!電検二種受験合格講座 電力』日本技能教育開発センター、2007年、第6版。P211

関連項目[編集]

外部リンク[編集]