母智丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
参道
母智丘神社からの眺望

母智丘(もちお)とは宮崎県都城市西部郊外にある丘陵地。母智丘・関之尾県立自然公園に属する。

地理[編集]

大淀川の支流である横市川庄内川の間のシラス台地上にある。標高は東部で 170 m 、最高点は 288 m 。新第三紀鮮新世に噴出した丸山溶岩からなる。

母智丘公園
サクラの名所として知られ、「日本のさくらの名所百選」にも選ばれている。1869年明治2年)、地頭として赴任してきた三島通庸が植栽し、三島が去った後も黒岩常次郎、昭和に入ると江夏芳太郎にサクラの植栽が継がれ、ソメイヨシノヤエザクラヤマザクラと、合わせて2,600本の桜並木が見られる。毎年3月下旬から4月上旬にかけて「もちお桜まつり」が開催される。
母智丘神社
三島によって1870年(明治3年)に建立された。このあたりにある巨石群は信仰の対象となっていた。

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度45分04秒 東経131度00分41秒 / 北緯31.75111度 東経131.01139度 / 31.75111; 131.01139