毅宗 (西夏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毅宗 李諒祚
西夏
第2代皇帝
王朝 西夏
在位期間 1048年 - 1067年
姓・諱 李諒祚
李寧令両岔
諡号 昭英皇帝
廟号 毅宗
生年 天授礼法延祚10年2月6日
1047年3月5日
没年 拱化5年12月(1068年1月)
景宗
没蔵皇后
后妃 没蔵皇后
恭粛皇后
陵墓 安陵
年号 延嗣寧国 : 1049年
天祐垂聖 : 1050年-1052年
福聖承道 : 1053年-1056年
奲都    : 1057年-1062年
拱化    : 1063年-1067年

毅宗(きそう)は西夏の第2代皇帝。景宗李元昊の六男。

生涯[編集]

天授礼法延祚11年(1048年)、父景宗が兄の李寧令哥に殺害され、李寧令哥も父殺しの罪で処刑されたため1歳で即位した。そのため母親の没蔵太后とその実家の一族によって専横される。即位直後に景宗の喪中を狙って軍が来寇。第二次賀蘭山の戦いで西夏軍は大敗し、数多くの被害を蒙った。福聖承道4年(1056年)に母親の太后が殺害され、伯父(太后の兄)の没蔵訛龐が政務を執る。その5年後、訛龐親子と訛龐の娘である皇后の殺害に成功した。これにより、梁氏を皇后にしてようやく親政が始まった。大臣や官僚の数を多くして政治体系を中央集権制に近づけ、皇帝軍の戦力を増強。その結果、政治は刷新されて国力は増強したが、突然病死した。享年21。

先代:
景宗
西夏の第2代皇帝
1048年 - 1067年
次代:
恵宗