段随

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
段随
西燕
第2代王
王朝 西燕
在位期間 386年2月 - 3月
姓・諱 段随
生年 不詳
没年 昌平元年(386年)3月
年号 昌平386年

段 随(だん ずい)は、五胡十六国時代西燕の第2代君主。西燕の君主では唯一、慕容部ではなく段部である。

生涯[編集]

西燕の皇帝の慕容沖の部将であった。更始2年(386年)、慕容沖は鮮卑の故地へ帰還したがった部下の言を聞かずに、前秦から奪った長安に留まりたがったため、部下が反発して政変を起こして左将軍の韓延に殺害された。

事件後、段随が燕王として擁立された。即位後に昌平と改元した。しかし間もなく左僕射慕容恒尚書慕容永により殺害され、慕容凱が燕王に擁立された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『資治通鑑』「晋紀」巻106
先代:
威帝慕容沖
西燕の第2代
386年
次代:
慕容凱