段寿輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
段寿輝
大理
13王
王朝 大理
在位期間 1080年 - 1081年
姓・諱 段寿輝
諡号 上明皇帝
生年 不詳
没年 不詳
段廉寿
年号 上明 : 1081年

段寿輝(だんじゅき)は大理国の第13代王。段廉義の弟の段廉寿の子。

1080年高昇泰が楊義貞を討ち滅ぼし、段寿輝を擁立した。翌年、上明と改元した。高智昇を布燮に任じ、高昇泰を鄯闡侯に封じた。太陽や月がかわるがわる暗くなり、星が昼間に見えたので、段寿輝は天文の不吉を感じて、段思廉の孫の段正明に王位を譲ったと伝えられる。

先代:
上徳帝
大理国
第13代:1080年-1081年
次代:
保定帝