残された者 -北の極地-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
残された者 -北の極地-
Arctic
監督 ジョー・ペナ
脚本 ジョー・ペナ
ライアン・モリソン
製作 クリストファー・ルモール
ティム・ザジャロフ
ノア・C・ホイスナー
製作総指揮 マーサ・デ・ラウレンティス
マニュ・ガルギ
出演者 マッツ・ミケルセン
音楽 ジョセフ・トラパニーズ
撮影 トーマス・エーン・トマソン
編集 ライアン・モリソン
製作会社 アーモリー・フィルムズ
ユニオン・エンターテインメント・グループ
ペガサス・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブリーカー・ストリート
日本の旗 キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年2月1日
日本の旗 2019年11月8日
上映時間 97分[1]
製作国 アイスランドの旗 アイスランド
言語 アイスランド語
英語
デンマーク語
興行収入 世界の旗 $3,778,826[2]
テンプレートを表示

残された者 -北の極地-』(のこされたもの きたのきょくち、Arctic)は2018年アイスランドサバイバル映画。監督はジョー・ペナ、主演はマッツ・ミケルセンが務めた。

ストーリー[編集]

乗っていた飛行機が北極圏で墜落したため、オボァガードは極寒の中遭難生活を余儀なくされたが、飛行機の残骸で仮の住居を建てることはできた。それからというもの、オボァガードは魚を釣り、周辺の地理情報を記録し、救難信号を発信するというルーティーンを繰り返していた。そんなある日、食料の一部が盗まれるという事件が発生した。現場の痕跡から、盗んだのはホッキョクグマであると推測された。ほどなくして、一機のヘリコプターがオボァガードを救助しにやって来た。ところが、突然のブリザードに巻き込まれ、そのヘリコプターも墜落してしまった。操縦士の一人は亡くなったが、同乗していた女性は辛うじて助かった。オボァガードは彼女を救出したが、専門家による処置が必要な状態であることは明白だった。

オボァガードがヘリコプターに積んであった備品を回収したところ、その中に地図が入っていることに気が付いた。そして、歩いて数日ほどかかる場所に建物があることを知った。オボァガードは女性をそりに乗せ、過酷な旅に打って出ることにした。困難は覚悟の上だったが、いきなり地図に記述されていない岸壁に遭遇した。どうやってもよじ登れなかったため、オボァガードはやむなく迂回路を取ることにした。しかし、オボァガードはその迂回路でも次々と障害に直面するのだった。

キャスト[編集]

製作[編集]

本作の主要撮影はアイスランドで19日間かけて行われた[3]。マッツ・ミケルセンは本作の撮影を回想して「キャリアの中で最も過酷な撮影だった」と述べている[4]

公開・興行収入[編集]

2018年5月10日、本作は第71回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された[5]。11日、ブリーカー・ストリートが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[6]。2019年1月3日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[7]

2019年2月1日、本作は全米4館で限定公開され、公開初週末に5万878ドル(1館あたり1万2720ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場41位となった[8]

評価[編集]

本作は批評家から高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには127件のレビューがあり、批評家支持率は88%、平均点は10点満点で7.17点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『残された者 -北の極地-』によって、良質のスリラー映画は多数の会話シーンを必要としない―特に、マッツ・ミケルセンが生き延びるために奮闘しているときには―ことを証明した。」となっている[9]。また、Metacriticには32件のレビューがあり、加重平均値は71/100となっている[10]

出典[編集]

  1. ^ 残された者 北の極地”. 映画.com. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ Arctic (2019)”. The Numbers. 2019年7月11日閲覧。
  3. ^ Joe Penna was a YouTube sensation – now he has directed a serious film. Is it any good?”. The Guardian (2018年5月17日). 2019年7月11日閲覧。
  4. ^ Cannes: Mads Mikkelsen talks about the survival drama 'Arctic,' the most difficult shoot of his career”. Los Angeles Times (2018年5月11日). 2019年7月11日閲覧。
  5. ^ Film Review: ‘Arctic’”. Variety (2018年5月11日). 2019年7月11日閲覧。
  6. ^ Cannes: Bleecker Street Buys ‘Arctic’”. Variety (2018年5月11日). 2019年7月11日閲覧。
  7. ^ ARCTIC Official Trailer”. YouTube (2019年1月3日). 2019年7月11日閲覧。
  8. ^ February 1-3, 2019”. Box Office Mojo. 2019年7月12日閲覧。
  9. ^ Arctic”. Rotten Tomatoes. 2019年7月12日閲覧。
  10. ^ Arctic (2019)”. Metacritic. 2019年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]