死都日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

死都日本』(しとにっぽん)とは2002年に刊行された石黒耀による小説である。石黒のデビュー作である。

カグツチ』として漫画化された。

概要[編集]

『死都日本』は2002年に第26回メフィスト賞2005年に第15回宮沢賢治賞(奨励賞)[1]を受けている。また石黒自身も、本作をはじめとする地学小説の執筆が評価され、2005年、日本地質学会より表彰された[2]

霧島山の地下にある加久藤火山(加久藤カルデラ)が巨大噴火を起こす様子を描いている。九州南部やその南の海底には阿蘇カルデラ姶良カルデラ鬼界カルデラといった巨大なカルデラを生んだ火山がいくつも存在する。それらは数万年に1回の頻度で、噴出物の体積が100km3を超えるような巨大噴火を起こしてきた。最後に起きたのは7,300年前の鬼界カルデラの噴火であり、これによる火砕流は海を越えて九州島に達し南九州の縄文人に大打撃を与えた。

本作はそのような巨大噴火が現代の日本で起きたらどうなるのかというシミュレーションを行った小説である。作者が作中で考案した「破局噴火」という言葉は、現実に小山真人早川由紀夫らの研究者が用いている[3]

あらすじ[編集]

西暦20XX年、日本は不況の真っ只中であった。そんなとき、宮崎県沖で大きな地震が発生。その翌日から霧島火山周辺で群発地震が発生する。それは、30万年前に巨大噴火を起こし南九州を焼き尽くした加久藤火山が今また破局的な大噴火=「破局噴火」を起こそうとしている前兆だった。大規模な火砕流、火山灰が日本を襲う。果たして日本はどうなるのか。

登場人物[編集]

黒木伸夫
本作品の主人公。日向大学工学部助教授。
「宮崎を造った火山の話」を地元紙に連載し、加久藤火山の存在や火山噴火の恐ろしさを県民に広めた。火山オタクで防災工学の講義はいつも火山の話になる。その話芸には、学生達のファンも多い。国家プロジェクト"K作戦"の一員(コードネームは「クロマツ」)としての活動を真理や岩切に話せずに苦悩する。彼自身の予測よりも早い加久藤火山復活のその場に岩切と共に立会い、決死の脱出を試みる。
黒木真理
伸夫の妻。大阪出身の麻酔科医。
女子大生時代の観光旅行中にフィールドワーク中の伸夫に出会い、結婚した。伸夫の話芸の一番のファンでもある。噴火当時、日南はまゆう病院に勤務中だった。
岩切年昭
宮崎日報の記者。伸夫の日向大学での後輩。
「宮崎を造った火山の話」の担当をしていた。黒木伸夫と共に加久藤火山の破局噴火からの脱出行を行ったことにより、"K作戦"に関わっていく。
菅原和則
内閣総理大臣
物語の半年前、彼の率いる日本共和党が総選挙で勝利し、総理大臣に就任した。"K作戦"内部では、クロマツこと黒木伸夫の発想に早くから注目しており、「ミツバチ」のコードネームで黒木に幾度もメールを送り相談していた。
豊島一平
菅原内閣の財務大臣
桜田賢二
菅原内閣の防衛庁長官
松苗義博
東帝大学霧島火山研究所所長。
出澤明
東帝大学地球物理学教室主任教授。
衣笠光真
火山噴火予知連合会会長。
吉川泰輔
火山噴火予知連合会副会長。
田丸
鹿児島県知事。保守派で、日本共和党の首相が指示した避難方法をとらず、県庁職員全員と共に県庁舎最上階の展望ルームに避難したが火砕流の直撃を受ける。
蜷川
日本経済団体連合会(経団連)会長。
加久藤火山の破局噴火に伴い日本が陥る経済苦境に対し、菅原総理が提唱する世界経済を全て巻き込む「経済ラハール」=「神の手作戦」に全面協力する。
利根山
有名企業グループ会長。
天童
有名企業グループ会長。
潮田千舟
海上自衛隊輸送艦しもきた」艦長。
本作品におけるおおすみ型輸送艦はエンジン吸気口・換気装置に火山灰を想定した大型の防塵フィルター装置が施され、火山災害地への派遣を想定した仕様に改造されており、UH-60Jに吸気濾過装置を装備して改造されたFH-60と呼ばれる特殊改造ヘリを4機搭載している。
田中義成
海上自衛隊潜水艦はやしお」艦長。
なお本作品における海上自衛隊の潜水艦は燃料電池駆動方式が採用され、大幅な改良が施されている。
静間惣一郎
国土交通省の役人。黒木伸夫に言わせれば、俳優でないのが不思議なほどのハンサムである。
国家プロジェクト"K作戦"に伸夫を参加させた責任者。加久藤火山の破局噴火が現実となったことで、事実上の首相補佐官となる。なお、"K作戦"のモットーには"SECOND BEST, TOMORROW"(今できることをやれ!)という語が掲げられている。
定岡
静岡県知事。噴火発生後約20時間後に出された東海地震警報を聞き、『ヨハネの黙示録』の一場面が海溝型巨大地震津波の描写かと考える。
トーマス・K・ハミルトン
アメリカ合衆国大統領
ジャック・ホーキンス
アメリカ海軍中将原子力空母ニミッツ」に座上している。
ロバート・L・ウェーバー
アメリカ海軍原子力潜水艦ヒューストン」艦長。
海上自衛隊潜水艦「もちしお」に協力し、火山災害に紛れた中国海軍漢型原子力潜水艦領海侵犯に対処する。
ラリー・スコット
アメリカ海軍強襲揚陸艦エセックス」艦長。
プロテスタントであり『ヨハネの黙示録』を暗記しているが、その記述は火山災害の描写ではなかったかとの会話をホーキンス提督と交わす。
サム・ヒューバーマン
北米火山協会会長。
火山研究者として日本の"K作戦"の防災情報と実際の被害に驚嘆し、加久藤火山噴火がもたらす北半球への気候への重大な影響「火山の冬」を大統領に警告する。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮沢賢治賞・イーハトーブ賞”. 宮沢賢治学会イーハトーブセンター. 2015年9月15日閲覧。
  2. ^ イベント情報/学会・シンポジウム 2005年9月18日”. 京都大学. 2015年9月14日閲覧。
  3. ^ 死都日本シンポ要旨集”. 静岡大学. 2015年9月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]