死火山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

死火山(しかざん)とは、有史以来活動の記録がない火山を指す、古い呼び方である。かつては消火山などとも称された[1]活火山休火山とともに便宜的な分類として用いられていたが、使用されなくなった用語である[2][1]

解説[編集]

従来、火山は定性的な噴火活動度に応じて分類されてきた[1]。英語にはActive volcano、Dormant volcano、Extinct volcanoといった呼称があり、例えば日本の地質学者である横山又次郎は『地質學教科書』(1896年、冨山房)において、それぞれ活火山、睡眠火山、消火山という語をあてている[1]

また、佐藤伝蔵は『地質學提要』(1928年、中興館)において、活火山、休火山、死火山という分類を用いている[1]

しかし、当初よりこれらの分類は便宜的なものと考えられていた。横山又次郎は『地質學教科書』において、有史以来活動していなかった火山が突然活動を開始することもあるなど、このような分類を「非学術的」と述べていた[1]。また、佐藤伝蔵も『地質學提要』で「全く便宜上のもの」としていた[1]

一般に死火山は有史以降に活動の痕跡がないものを基準としていたが、そもそも文字文化の進展には世界各国で地域差があるため「有史時代」を基準にした厳密な定義は困難と考えられていた[1]

さらに、年代測定法の発達により過去の火山活動が明らかになるにつれ、数万年周期の噴火活動があることなどが解明されたことにより、有史時代の活動記録のみをもとに火山活動を判断することができないことが分かってきたため、死火山という言葉は休火山とともに学術的には廃用となっている[3]活火山以外の火山については「活火山ではない」「活火山以外の火山」等という。

かつて、一部の火山学者と一般大衆が死火山と認識[4][5]していた木曽御嶽山が、1979年水蒸気爆発を起こし、定義を大きく見直すきっかけとなった[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 加藤碩一「地質事象における「活」の諸問題」、『応用地質技術年報』第33号、応用地質株式会社、2014年、 39-58頁、2017年8月27日閲覧。
  2. ^ 鎌田浩毅:ビジネスパーソンのための地球科学入門(火山編 第11回)注意すべき活火山は108個 休火山と死火山はもはや死語 週刊東洋経済 (6302), 110-111, 2011-01-08
  3. ^ この段落、次のサイトによる火山について - 「休火山」や「死火山」という用語は、今もあるのですか?”. 気象庁. 2013年10月13日閲覧。
  4. ^ 御嶽山は、1968年(昭和43年)気象庁刊行の「火山観測指針」 において「御岳山」の名で活火山の一つとして掲載され、1975年(昭和50年)刊行の『日本活火山要覧』でも活火山にも包含されていた。
  5. ^ 活火山カタログの改訂と火山活動度による活火山の分類(ランク分け)について 林豊・宇平幸一 験震時報71巻 pp.43-57
  6. ^ 御嶽山の観測体制は発展途上国と同レベルだった!?:『御嶽山:静かなる活火山』を読む

関連項目[編集]