歴代宝案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
歴代宝案(国立台湾大学所蔵本)

歴代宝案(歴代寳案、れきだいほうあん)は、琉球王国外交文書を記録した漢文史料。1集49巻、2集200巻、3集13巻、目録4巻、別集4巻の全270巻からなるが、現存するのは1集42巻、2集187巻、3集13巻、目録4巻、別集4巻の計250巻である。

概要[編集]

琉球王国と中国王朝や朝鮮のほか、暹羅(シャムアユタヤ王朝)、安南ベトナム)、爪哇(ジャワマジャパヒト王国)、蘇門答剌(スマトラ)、旧港(パレンバン)、満刺加(マラッカ王国)、仏太泥(パタニ王国)、巡達(スンダ王国)など東南アジア諸国との外交文書を集成したもので、明・清二代の対中国関係文書が大半を占める。収録期間は1424年永楽22年)から1867年同治6年)に至る443年間に及び、史料的価値が高い。

序文によると、歴代宝案は「旧案」と呼ばれる古文書を編集したもので、2部作成されたうちの1部は王城に、もう1部は久米村(現・那覇市久米)の天妃宮で保管されていた。王城で保管されていた本は明治琉球処分により東京内務省へ移管され、久米村本は秘密裏に保管された後、1933年昭和8年)に沖縄県立図書館へ移管された。その際に副本が作成されたほか、鎌倉芳太郎東恩納寛惇による原本影印本青写真)、台北帝国大学(現・国立台湾大学)の小葉田淳助教授による写本、東京帝国大学(現・東京大学史料編纂所による写本が作成されている。

東京へ移管された原本は関東大震災で焼失、沖縄県立図書館で保管されていた原本も第二次世界大戦沖縄戦で散逸あるいは焼失した。現在は副本(那覇市歴史博物館所蔵)のほか、東恩納文庫本(沖縄県立図書館所蔵)、鎌倉芳太郎本(沖縄県立芸術大学附属図書館所蔵)の陰影本、台湾大学本(国立台湾大学図書館所蔵)、東大史料編纂所の写本等が残されており、1989年平成元年)には沖縄県歴代宝案編集委員会が設置され、これらの影印本や写本を校合して、校訂本及び訳注本の編集・刊行作業が行われている[1]

また、1994年(平成6年)から1997年(平成9年)まで、文部省科学研究費補助金重点領域研究「沖縄の歴史情報研究」として歴代宝案のデータベースが作成されたほか[2]、沖縄県立図書館、国立国会図書館では、所蔵する影印本や写本のデジタルアーカイブが公開されている。

書籍一覧[編集]

原本[編集]

副本[編集]

  • 県立図書館本 - 計97巻。旧沖縄県立図書館蔵原本(久米村本)の副本(写本)。久米村本が沖縄県立図書館に移管される際に作成された。第二次世界大戦後、一部がアメリカ軍によって羽地村源河から発見され、沖縄中央図書館(現・那覇市立図書館)に寄贈。2011年(平成23年)3月30日に那覇市歴史博物館へ移管[4]

写本[編集]

影印本[編集]

復刻版[編集]

  • 国立台彎大学発行『歴代寶案』(全15冊)、1972年民国61年)6月発行

校訂本[編集]

  • 沖縄県立図書館史料編集室編・沖縄県教育委員会発行『歴代宝案』校訂本(赤表紙本)
    • 第1冊(第1集巻01〜22)、1992年1月31日
    • 第2冊(第1集巻23〜43)、1992年3月31日
    • 第3冊(第2集目録・巻01〜14)、1993年1月29日
    • 第4冊(第2集巻15〜30)、1993年3月31日
    • 第5冊(第2集巻31〜49)、1996年3月31日
    • 第6冊(第2集巻50〜74)、2006年9月30日
    • 第7冊(第2集巻75〜89)、1994年2月28日
    • 第8冊(第2集巻90〜104)、1999年3月31日
    • 第9冊(第2集巻105〜122)、2003年9月30日
    • 第11冊(第2集巻146〜160)、1995年3月31日
    • 第12冊(第2集巻161〜173)、2000年7月31日
    • 第13冊(第2集巻174〜189)、1996年3月31日

訳注本[編集]

  • 沖縄県立図書館史料編集室編・沖縄県教育委員会発行『歴代宝案』訳注本(緑表紙本)
    • 第1冊(第1集巻01〜22)、1994年3月31日
    • 第2冊(第1集巻23〜43)、1997年3月31日
    • 第3冊(第2集目録・巻01〜14)、1998年3月31日
    • 第7冊(第2集巻75〜89)、2009年3月31日
    • 第11冊(第2集巻146〜160)、2005年3月1日
    • 第13冊(第2集巻174〜189)、2002年3月1日

各種資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「歴代宝案」及び「新沖縄県史」の編集沖縄県教育委員会
  2. ^ 「歴代宝案」データベースと検索システム『総括班研究成果報告書』 31.02
  3. ^ 『壺屋焼物博物館紀要』第13号、8頁
  4. ^ a b 『壺屋焼物博物館紀要』第13号、8、25頁
  5. ^ 柴野川 敦「『琉球歴代宝案』『弘文荘待貰古書目』の琉球関係資料」琉球大学附属図書館報「びぶりお」第27巻第1号(通巻第101号)別冊、1994年1月、7頁
  6. ^ 池谷望子・内田晶子 「『鄭良弼本 歴代宝案』再考」『沖縄文化研究』39、法政大学沖縄文化研究所、2013年3月31日、71-126頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]