歯車 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

歯車』(はぐるま)[1]は、芥川龍之介小説。芥川は1927年(昭和2年)服毒自殺を図るが、生前に第一章が雑誌大調和」に発表され、残りは遺稿として発見された。『河童』、『或阿呆の一生』、『侏儒の言葉』と並ぶ晩年の代表作で、遺稿中では唯一の純粋な小説である。執筆期間は1927年3月23日から4月7日までとされる。ストーリーらしいストーリーはなく、芥川を自殺に追い詰めたさまざまな不気味な幻視、関連妄想が、息も絶え絶えのような短いセンテンス、衒学的な文体によって描かれている。

あらすじ[編集]

「僕」は知り合いの結婚披露宴に出席するため東京のホテルに向かう途中、レエン・コオト(レインコート)を着た幽霊の話を耳にする。その後事あるごとに季節はずれのレエン・コオトが現れ、「僕」は段々と不気味になってくる。披露宴後そのままホテル[2]に逗留して小説を執筆しだしたとき、「僕」は、義兄がレエン・コオトを着て轢死したことを知る。

レエン・コオトだけでなく、復讐の神、黄色いタクシー、黒と白、もぐらもち(もぐら)、翼(飛行機)、火事、赤光など、過去の罪の残像とも、死の予告とも知れないものが繰り返し現れることに、「僕」はおびえ、苦しみ、夜の東京の街を逃げ回るように彷徨する。ときおり「僕」の視界には半透明の歯車が回るのが見える[3]。やがて「僕」はホテルを出て、家へ帰るが、激しい頭痛をこらえて横になっていると、妻は「お父さんが死にそうな気がした」と言う。

妻のは後年、追想記でこの作品のラストシーンが事実であったことを明かしている。

評価[編集]

同時代の作家の複数名が芥川の最高傑作と評している。

一方で、書きすぎて雑音があるとする評(久米正雄宇野浩二徳田秋声)もある[8]

脚注[編集]

  1. ^ 自筆原稿によればタイトルは、「ソドムの夜」、「東京の夜」、「夜」と変遷したが、佐藤春夫が「歯車」の題名を薦めたという。
  2. ^ 竣工間もないフランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテルである。
  3. ^ これは、偏頭痛の予兆である閃輝暗点である可能性が高い。
  4. ^ 「文芸春秋」昭和3年7月号
  5. ^ 大学卒論、昭和4年
  6. ^ 「文芸雑感」「文芸春秋」昭和2年12月号
  7. ^ 座談会「芥川龍之介研究」「新潮」昭和10年7月号
  8. ^ 新潮文庫『河童・或阿呆の一生』の吉田精一による解説より

外部リンク[編集]