武部小四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武部 小四郎(たけべ こしろう、弘化3年7月(1846年) - 明治10年(1877年5月3日)は、幕末の福岡藩士勤皇家自由民権運動家。名は(建部)自成。通称は小四郎、燕之允。父は建部武彦伯父黒田一葦(母の兄)、従兄弟加藤堅武(父の妹の子)が居る。

経歴[編集]

尊皇攘夷派の福岡藩士・建部武彦の子として生まれる。藩校修猷館に学ぶ。
父・武彦が佐幕派巻き返しにより起きた弾圧事件(乙丑の獄)で切腹となり、小四郎は家督を継ごうとしたが藩に認められなかった。小四郎は父の名の「武」の字を使い、武部改名して別の家を興した。

戊辰戦争において皇軍の福岡藩軍に属して功を挙げ、その後、高場乱興志塾に学び、ここで同志となる越智彦四郎や、後に玄洋社を設立する箱田六輔頭山満進藤喜平太奈良原至宮川太一郎らと出会う。

1875年2月、大阪において民権の確立を目指した愛国社創立集会が開催され、板垣退助率いる土佐立志社の主唱に応じ、越智彦四郎と共に福岡を代表して参加している。その後、福岡に戻り、政治結社「矯志社」を結成。矯志社には、平岡浩太郎頭山満、進藤喜平太、宮川太一郎、阿部武三郎林斧助松浦愚月成元雄らが参加し、後に箱田六輔、奈良原至も参加している。

1877年3月、西南戦争において西郷軍が熊本城を攻囲すると、慎重派の小四郎と積極派の越智は揉めに揉めたが3月27日、越智彦四郎、平岡浩太郎らと西郷呼応軍福岡党を編成して福岡城を攻撃した(福岡の変)が敗れ、政府軍の追求をかわして逃亡を続けたが、5月2日夜、福岡上土居町において捕縛され、翌日斬刑に処せられた。享年31 辞世の句は「世の中は満れば欠ける十六夜のつきぬ名残りは露ほどもなし」

参考文献[編集]

  • 『靖国に祀られざる人々 - 「逆徒」と「棄民」の日本近代史(別冊宝島)』田中健之編・著、宝島社2007年