武蔵増戸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武蔵増戸駅
駅舎(2011年4月)
駅舎(2011年4月)
むさしますこ
Musashi-Masuko
武蔵引田 (1.3km)
(2.6km) 武蔵五日市
所在地 東京都あきる野市伊奈873-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 JC 五日市線
キロ程 8.5km(拝島起点)
電報略号 マス
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線(実質2面2線)
乗車人員
-統計年度-
2,603人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1925年大正14年)4月21日[1]
備考 業務委託駅
 * 開業1ヶ月後に増戸駅から改称。
テンプレートを表示
武蔵五日市駅寄りの踏切から見た構内
武蔵五日市駅寄りの踏切から見た構内
ホーム(2014年12月)
ホーム(2014年12月)
夜間の駅舎(2017年4月)
夜間の駅舎(2017年4月)

武蔵増戸駅(むさしますこえき)は、東京都あきる野市伊奈にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五日市線である。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅だが、うち1線はホームに柵が設置され客扱いはできない。駅舎側が単式ホームの1番線で、島式ホームの内側が2番線である。島式ホームの外側に柵で仕切られた線路がある(上り1番線)。ホーム間はエレベーターつき跨線橋で結ばれている。

JR東日本ステーションサービスが業務を受託する業務委託駅で、拝島駅が当駅を管理している。駅舎内部には自動券売機自動改札機が設置されている。2006年みどりの窓口が廃止され、その代替として「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されたが、2012年1月30日をもって営業終了し撤去された。

のりば[ソースを編集]

番線 路線 方向 行先
1 JC 五日市線 下り 武蔵五日市
2 上り 拝島立川方面

利用状況[ソースを編集]

2016年度の1日平均乗車人員は2,603人である。近年の推移は下記の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1953年 [6]514
1954年 [7]546
1955年 [8]598
1956年 [9]655
1957年 [10]698
1958年 [11]761
1959年 [12]830
1960年 [13]878
1961年 [14]977
1962年 [15]1,059
1963年 [16]1,106
1964年 [17]1,155
1965年 [18]1,189
1966年 [19]1,327
1967年 [20]1,381
1968年 [21]1,402
1970年 [22]1,490
1971年 [23]1,561
1972年 [24]1,590
1973年 [25]1,679
1974年 [26]1,899
1975年 [27]2,038
1976年 [28]2,139
1977年 [29]2,134
1978年 [30]2,299
1979年 [31]2,315
1980年 [32]2,287
1981年 [33]2,548
1982年 [34]2,466
1983年 [35]2,529
1984年 [36]2,626
1985年 [37]2,666
1986年 [38]2,852
1987年 [39]2,986
1988年 [40]3,134
1989年 [41]3,211
1990年 [42]3,381
1991年 [43]3,485
1992年 [44]3,518
1993年 [45]3,559
1994年 [46]3,542
1995年 [47]3,503
1996年 [48]3,468
1997年 [49]3,427
1998年 [50]3,342
1999年 [51]3,251
2000年 [52]3,199
2001年 [53]3,147
2002年 [54]3,041
2003年 [55]2,952
2004年 [56]2,920
2005年 [57]2,886
2006年 [58]2,835
2007年 [59]2,799
2008年 [60]2,699
2009年 [61]2,655
2010年 [62]2,660
2011年 [63]2,633
2012年 [64]2,651
2013年 [65]2,681
2014年 [66]2,630
2015年 [67]2,634
2016年 [68]2,603

駅周辺[ソースを編集]

金融機関など
主な店舗

隣の駅[ソースを編集]

東日本旅客鉄道
JC 五日市線
特別快速「ホリデー快速あきがわ」(土休日のみ)・青梅特快・快速・各駅停車(いずれも五日市線内は各駅に停車)
武蔵引田駅 - 武蔵増戸駅 - 武蔵五日市駅

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、24頁。
  2. ^ 『JR時刻表』1999年4月号
  3. ^ 五日市線 武蔵増戸駅、青梅線 川井駅・白丸駅が生まれ変わります (PDF) - JR東日本八王子支社(2010年11月25日付、2011年4月13日閲覧)
  4. ^ 五日市線 武蔵増戸駅に新しい駅舎が誕生します! (PDF) - JR東日本八王子支社(2011年3月24日付、2011年4月13日閲覧)
  5. ^ JR武蔵増戸駅、新駅舎の供用始まる-設計・デザインに若手社員起用 - 八王子経済新聞(2011年3月28日付、2011年4月13日閲覧)
  6. ^ 東京都統計年鑑(昭和28年)
  7. ^ 東京都統計年鑑(昭和29年)
  8. ^ 東京都統計年鑑(昭和30年)
  9. ^ 東京都統計年鑑(昭和31年)
  10. ^ 東京都統計年鑑(昭和32年)
  11. ^ 東京都統計年鑑(昭和33年)
  12. ^ 東京都統計年鑑(昭和34年)
  13. ^ 東京都統計年鑑(昭和35年)
  14. ^ 東京都統計年鑑(昭和36年)
  15. ^ 東京都統計年鑑(昭和37年)
  16. ^ 東京都統計年鑑(昭和38年)
  17. ^ 東京都統計年鑑(昭和39年)
  18. ^ 東京都統計年鑑(昭和40年)
  19. ^ 東京都統計年鑑(昭和41年)
  20. ^ 東京都統計年鑑(昭和42年)
  21. ^ 東京都統計年鑑(昭和43年)
  22. ^ 東京都統計年鑑(昭和45年)
  23. ^ 東京都統計年鑑(昭和46年)
  24. ^ 東京都統計年鑑(昭和47年)
  25. ^ 東京都統計年鑑(昭和48年)
  26. ^ 東京都統計年鑑(昭和49年)
  27. ^ 東京都統計年鑑(昭和50年)
  28. ^ 東京都統計年鑑(昭和51年)
  29. ^ 東京都統計年鑑(昭和52年)
  30. ^ 東京都統計年鑑(昭和53年)
  31. ^ 東京都統計年鑑(昭和54年)
  32. ^ 東京都統計年鑑(昭和55年)
  33. ^ 東京都統計年鑑(昭和56年)
  34. ^ 東京都統計年鑑(昭和57年)
  35. ^ 東京都統計年鑑(昭和58年)
  36. ^ 東京都統計年鑑(昭和59年)
  37. ^ 東京都統計年鑑(昭和60年)
  38. ^ 東京都統計年鑑(昭和61年)
  39. ^ 東京都統計年鑑(昭和62年)
  40. ^ 東京都統計年鑑(昭和63年)
  41. ^ 東京都統計年鑑(平成元年)
  42. ^ 東京都統計年鑑(平成2年)
  43. ^ 東京都統計年鑑(平成3年)
  44. ^ 東京都統計年鑑(平成4年)
  45. ^ 東京都統計年鑑(平成5年)
  46. ^ 東京都統計年鑑(平成6年)
  47. ^ 東京都統計年鑑(平成7年)
  48. ^ 東京都統計年鑑(平成8年)
  49. ^ 東京都統計年鑑(平成9年)
  50. ^ 東京都統計年鑑(平成10年)
  51. ^ 東京都統計年鑑(平成11年)
  52. ^ 各駅の乗車人員(2000年度) - JR東日本
  53. ^ 各駅の乗車人員(2001年度) - JR東日本
  54. ^ 各駅の乗車人員(2002年度) - JR東日本
  55. ^ 各駅の乗車人員(2003年度) - JR東日本
  56. ^ 各駅の乗車人員(2004年度) - JR東日本
  57. ^ 各駅の乗車人員(2005年度) - JR東日本
  58. ^ 各駅の乗車人員(2006年度) - JR東日本
  59. ^ 各駅の乗車人員(2007年度) - JR東日本
  60. ^ 各駅の乗車人員(2008年度) - JR東日本
  61. ^ 各駅の乗車人員(2009年度) - JR東日本
  62. ^ 各駅の乗車人員(2010年度) - JR東日本
  63. ^ 各駅の乗車人員(2011年度) - JR東日本
  64. ^ 各駅の乗車人員(2012年度) - JR東日本
  65. ^ 各駅の乗車人員(2013年度) - JR東日本
  66. ^ 各駅の乗車人員(2014年度) - JR東日本
  67. ^ 各駅の乗車人員(2015年度) - JR東日本
  68. ^ 各駅の乗車人員(2016年度) - JR東日本

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]