武田豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武田 豊(たけだ ゆたか、1914年1月6日-2004年2月15日)は、日本の実業家宮城県高清水町出身。新日本製鐵(新日鉄)代表取締役会長、経済団体連合会(経団連)副会長、日本鉄鋼連盟会長などを歴任した。東京帝国大学法学部政治学科卒業。

来歴・人物[編集]

1939年に大学を卒業して日本製鐵(日鉄)入社。1950年同社解体により富士製鐵に移り、社長室秘書課長、人事部長などを経て、1970年3月八幡製鐵と合併し新日鉄が発足するとともに専務となり、1977年には副社長、1981年社長に昇格。社長時代には、急激な円高と鉄鋼不況に対応するため、1万9000人の人員削減と設備集約を柱とする合理化を断行。新日鉄建て直しのレールを敷いた。

1987年会長に退き、1989年取締役相談役、1991年相談役、1998年社友。2004年2月15日死去。90歳没。

ほかに、国際鉄鋼協会会長、日本鉄鋼連盟会長(1984年~1989年)、経団連副会長(1986年~1989年)、日本経営者団体連盟(日経連)副会長(1986年~1989年)、全国交通安全協会会長、日本野球連盟(社会人野球)会長、女性職業財団理事など要職を兼任した。1993年にはあしなが育英会会長にも就任している。

また、大脳生理学研究でも有名で、著書に「自己開発法」がある。

さらには弓道家としても知られる。小学校2年で弓道を始め、旧制山形高等学校(現・山形大学)3年時には全国インタカレッジの個人で全国制覇した。範士十段で全日本弓道連盟会長(1984年~1986年)も務めた。

褒章・受賞[編集]

  • 1979年 藍綬褒章
  • 1985年 経済界敢闘賞、リオブランコ勲章グランデオフィシャル章(ブラジル)、勲一等瑞宝章
  • 2004年 従三位

エピソード[編集]

  • 東大を卒業して戦前の1939年日本製鐵(日鉄)に入社したときの試験官が青年課長時代の永野重雄(新日本製鐵元会長)で、スクラップ課の課長、課員の関係となり、毎日のように一緒に酒を飲んだ。永野は武田を鍛え、武田も永野に尽くし、実の親子以上に深いつながりがあった[1]1984年、永野が亡くなった時、武田は新日鉄の社長で、日本武道館で行われた永野の葬儀の葬儀委員代表を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 安部譲二・佐藤正忠 『夢を実現する』 経済界1989年、66-70頁。
先代:
斎藤英四郎
新日本製鐵社長
第5代: 1981-1987
次代:
齋藤裕
先代:
斎藤英四郎
新日本製鐵会長
第4代: 1987-1989
次代:
三鬼彰