武田正彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

武田 正彦(たけだ まさひこ、1927年7月15日 - 2007年2月15日)は、日本弁護士実業家。「ピエール・カルダン・ジャパン」の創業者で、ピエール・カルダンを日本に定着させた人物。この他、日本レース(現・エコナックホールディングス)社長や広島県呉市呉武田学園理事長などを務めた。

来歴[編集]

広島県呉市出身。1953年(昭和28年)東京大学法学部卒業。1956年(昭和31年)神戸家裁判事補、1959年(昭和34年)神戸簡裁判判事。同年アメリカミシガン大学ロー・スクール留学1961年(昭和36年)福岡家裁判事補、判事。1964年(昭和39年)弁護士登録。以来、主に渉外特許事件を担当する。1972年(昭和47年)ピエール・カルダンの日本代理店「ピエール・カルダン・ジャパン」(PCJ)を設立し社長、カルダンブランドを日本に定着させ、その後も長くカルダン本社国際戦略のアドバイス役を務めた。1975年(昭和50年)郷里・広島県呉市の呉武田学園理事長就任。1987年(昭和62年)には、日本レース(現・エコナックホールディングス)社長に就任し同社再建に尽力した。

参考文献・ウェブサイト[編集]