武田宗智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
武田宗智
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
幕府 室町幕府
氏族 武田氏甲斐源氏
父母 父:武田信虎、母:松尾信賢
兄弟 竹松信玄犬千代信繁、信基(信友?)、信廉信顕一条信龍宗智松尾信是
河窪信実信友勝虎定恵院
南松院殿穴山信友正室)、禰々
花光院(浦野氏室)、
亀御料人大井信為正室)、下条信氏正室、禰津神平元直の長男)室、葛山氏室、
菊御料人菊亭晴季室)

武田 宗智(たけだ そうち)は、戦国時代僧侶甲斐国武田氏の一族。

生涯[編集]

甲斐国守護・武田信虎の八男で、信玄の異母弟、松尾信是の同母弟になる[1]。宗智の名は系図類のみに見え、詳しい経歴はよくわかっていない[1]。「武田源氏一統系図」では母を松尾氏娘とし、同系図や大聖寺「甲斐源氏系図」では恵林寺に入寺し、喝食のまま死去したとしている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 柴辻俊六 著『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.39

参考文献[編集]

書籍
史料