武田信守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武田 信守(たけだ のぶもり)

  1. 甲斐武田氏第15代当主。
  2. 安芸武田氏第3代当主。

武田信守(甲斐武田氏)[編集]

武田 信守(たけだ のぶもり、生年不詳 - 享徳4年5月11日1455年6月25日))は、甲斐守護大名。甲斐武田氏の第15代当主。第14代当主・武田信重の子。第16代当主・武田信昌の父。通称、弥三郎。

父の信重が宝徳年(1450年)に没したので家督を継いだ。しかし、実権は守護代跡部氏に握られており、政治面では目立った事跡も残せぬまま、当主になってわずか5年で死去した。守護代である跡部氏の打倒を遺言したというが、定かではない。子の信昌が跡を継いだ。

旧地が笛吹市八代町に所在する八代の能成寺(現在は山梨県甲府市東光寺町)の開基であり、彼の墓もそこに現存する。

武田信守(安芸武田氏)[編集]

 
武田信守
時代 室町時代
生誕 生年不詳
死没 応永25年(1418年4月13日[1]
戒名 光明院殿祐光輝渓大居士[2][1]
官位 従四位下、伊豆[1]安芸守、大膳大夫[2]、治部少輔[1]
幕府 室町幕府 安芸佐東郡・山県郡守護
氏族 安芸武田氏
父母 父:武田信在[2][1](または武田氏信
兄弟 信守、弟:信繁(または子)
信繁(または弟)[1]

武田 信守(たけだ のぶもり)は、安芸武田氏の第3代当主。

生涯[編集]

安芸武田氏第2代の武田信在より、安芸佐東郡の分郡守護を引き継ぐ。

応永の乱後、幕府足利義満)は安芸国にも大内軍追討を命じ、安芸守護に山名満氏を任じた。しかし、かつて大内氏より与えられていた所領が没収・整理されることを恐れた安芸国人33名は、5か条からなる安芸国人一揆を結んで、山名氏に抵抗した。この際、信守は一揆に理解を示して消極的に協力したが、元守護家であり国人と身分差があったので加判はしていない。ただし、武田氏の有力な一族を含む[3]、安芸武田氏と関係の深い熊谷氏香川氏山県氏温科氏などはこの一揆に加わっている。後に、山名氏の統治が難航しているために幕府が直接介入し、国人討伐の命令を下すと詫びを入れて降伏した[4]。信守が幕府に従ったため、応永19年(1412年)に、新たに安芸山県郡の分郡守護を務めることとなった。

なお、応永13年(1406年)には、信守が吉川氏の分家(石見吉川氏)である吉川経見が、惣領家(本家)の跡を継ぐこと認めており、分郡守護(旧守護)としての影響力が発揮している。

生年・没年とも不明だが、死亡を応永25年(1418年)とする説がある[2][注釈 1]。跡を武田信繁が継いだ[2][注釈 2]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 『武田氏系譜』
  2. ^ 高野『安芸・若狭武田一族』、P83では信繁は信守の子とも弟ともされている。

引用元

  1. ^ a b c d e f 今井尭ほか編 1984, p. 324.
  2. ^ a b c d e 高野『安芸・若狭武田一族』、P83
  3. ^ 吉田龍司 2010, p. 18.
  4. ^ 高野『安芸・若狭武田一族』、P82

参考文献[編集]

武田信守(甲斐武田氏)
武田信守(安芸武田氏)

外部リンク[編集]