武居智久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武居 智久
Admiral Tomohisa Takei 海上幕僚長武居智久海将 (USNavy Royal Navy Japan Maritime Self-Defence Force).jpg
生誕 (1957-01-12) 1957年1月12日(60歳)
日本の旗 日本 長野県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1979 - 2016
最終階級 JMSDF Admiral insignia (a).svg 海上幕僚長たる海将
除隊後 米海軍大学校教授
テンプレートを表示

武居 智久(たけい ともひさ、1957年昭和32年)1月12日 - )は、日本の元海上自衛官。第32代海上幕僚長長野県出身。

略歴[編集]

長野県諏訪清陵高校卒業後、防衛大学校(第23期)に入学。1979年(昭和54年)3月、海上自衛隊に入隊。入隊後は主に艦艇や海上幕僚監部で勤務したのち、統合幕僚監部指揮通信システム部長、海上幕僚監部防衛部長、大湊地方総監横須賀地方総監等の要職を歴任、 2014年平成26年)10月7日閣議において、10月14日付をもって第32代海上幕僚長に任命する旨の人事が了承・発令された。在任中に海自艦による米艦防護などを可能とする安全保障関連法が施行されたほか、海洋進出の動きを強める中国を念頭に、フィリピンへの海自航空機の貸与も推進するなど安全保障体制の環境整備に尽力した[1]。2016年(平成28年)11月15日、現役自衛官として初めてレジオンドヌール勲章オフィシエを受章[2]。同年12月16日、次期多用途ヘリの機種選定を巡る不適切な発言により訓戒処分を受け[3]、12月22日付で退職。

2017年(平成29年)4月、海自出身者として初めて米海軍大学校の教授に就任[1]。3年間の任期中、海幕長として取り組んだ安全保障面での多国間協力などをテーマに講義を行う予定。米海軍制服組トップのジョン・リチャードソン海軍作戦部長の特別フェローにも就任し、日米安全保障体制などについても助言する[1]

年譜[編集]

武居智久海上幕僚長(写真右)とインド海軍中将サトシ・ソニ(写真左)。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  • 防衛年鑑2015(防衛年鑑刊行会)
  • 防衛省人事発令(将官人事:2007年~2016年)
先代:
河村克則
横須賀地方総監
第42代:2012年 - 2014年
次代:
井上力