武富士弘前支店強盗殺人・放火事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武富士弘前支店強盗殺人・放火事件
場所 青森県弘前市田町
株式会社武富士 弘前支店
日付 2001年5月8日火曜日
午前10時49分(JST)
標的 民間人(消費者金融会社従業員)
攻撃手段 放火
武器 混合油(ガソリン約95%)
死亡者 5名
負傷者 4名
損害 当該店舗(96.3m2)のうち85.16m2の焼損。
強盗事件としては未遂。
犯人 K(男、1958年5月19日 - 2014年8月29日
動機 競輪に費消して発生した借金の返済
対処 2003年2月12日死刑判決
2007年4月12日判決確定
2014年8月29日死刑執行(宮城刑務所

武富士弘前支店強盗殺人・放火事件(たけふじひろさきしてん ごうとうさつじん・ほうかじけん)は、2001年5月8日青森県弘前市田町で起きた強盗殺人放火事件である。

概要[編集]

2001年5月8日午前10時49分頃、男(以下「犯人」)が武富士弘前支店に強盗目的で押し入った。犯人はカウンター越しに混合油をまき「を出さなければ火をつける」と脅迫したものの支店長に拒否され110番通報されたため激怒し放火、逃走した。火災は店内に一気に広がり、店延べ約96平方メートルをほぼ全焼[1] した。支店は3階にあり、小さな窓しかないという建物の構造も災いし、同支店の社員5人(当時20~46歳)が炎に囲まれて脱出不能となりそのまま死亡。辛うじて脱出出来た4人も重軽傷を負う惨事となった。

弘前支店が通報した際、住所を言い間違えたためそちらに出動した後に現場に警察が到着したり、招集日であったため緊急配備までに時間を要したことなどから初動が遅れ、犯人の逃走を許した。作成されたモンタージュ似顔絵と現場から逃走した車両から重要参考人としてタクシー運転手の男(以下「K」)が浮上していたものの、Kが逃走中にアリバイの偽装などを行っていたため捜査は難航した。その後放火に用いた新聞紙(後述)などが決め手となり、2002年3月4日逮捕となった。

動機[編集]

Kは仲人の女性から頼まれて消費者金融から借金をし援助をしたがそれが借金地獄への転落の一因であった。女性一家が2000年4月28日に岩手県宮古市の港で自殺したことを新聞報道[2][3]で知り、精神的にますます追い詰められ、事件に至っている。直接の動機はギャンブルによる借金苦であった。

犯人逮捕の決め手[編集]

警察は犯人が逃走する際に引火した新聞紙の燃え残りを徹底的に分析、印刷する際、四隅に入る「トンボ」のわずかな見当ズレや版の消耗から発生する印刷擦れ、「第○○版」という紙面上部に入る印刷完了時を示す符号等から工場に複数台あるオフ輪印刷機の特定並びに配達地域を割り出した。その地区の住人で逃走車両と同型の車を持っていた者はKだけであったため、警察は重要参考人としてKを事情聴取家宅捜索の結果、テレビ局に送りつけられた犯行声明文の筆圧が残った便箋と犯行時に着ていた作業着を発見。Kは犯行を自供した。

武富士の対応[編集]

  • 店長が犯人の要求を断った背景には、ノルマに追われる営業実態に原因があるのではないかという指摘が一部報道でなされた。このため、武富士は1年近くテレビコマーシャルを自粛、一方で全国の街頭などで配布するポケットティッシュの裏面に犯人の似顔絵を掲載するなど、事件解決に向けて協力する姿勢を見せた。
  • 遺族側は、店舗に非常口がなく、防犯訓練等も行われていなかったことから、武富士に損害賠償を要求。後に示談が成立したという。
  • 事件後、武富士弘前支店は再開されることなく閉店。この店舗は3階建てのテナントビルの3階にあり、1階と2階にはレンタルビデオ店が入居していた。同建物は犯人逮捕を待たずに2001年12月26日に取り壊されて、空き地となっている。

裁判[編集]

2002年にKは強盗殺人・同未遂・現住建造物等放火の罪により起訴された。1審よりKは「ガソリンは脅すために持って行ったもので火をつけるつもりはなく、殺意はなかった」として最高裁まで争った。しかしまいたガソリンにKが実際に火をつけ被害者を死に至らしめていることなどから、「強盗が失敗して自暴自棄になり、支店内の社員らが死ぬかも知れないことを認識しながら、それでも構わないと考えてガソリンに火を放ち、被害者を殺害した」とし「未必の殺意」を認定、さらに「事件後も捜査を攪乱するため手紙を出したり、事件の原因となったギャンブルを続けており被害者に対する反省の態度は全くない」と指摘。1審(青森地方裁判所)・2審(仙台高等裁判所本庁)ともに死刑判決が言い渡され、2007年3月27日最高裁はKの上告棄却した。被告弁護人は同年4月2日判決の訂正申し立てを行ったが最高裁は同月12日付けで申し立てを却下。死刑が確定した。

死刑執行[編集]

死刑確定後Kは主に殺意の有無をめぐり3度にわたり再審請求を行ったが、すべて棄却されている。2014年8月6日に3度目の再審請求の棄却が言い渡された。同年8月29日宮城刑務所[4]にてKの死刑が執行された[5]。4度目の再審請求の準備に入るところであったという。

テレビ番組[編集]

  • 2002年3月2日日本テレビ系で放送されたFBI超能力捜査官という特別番組でのナンシー・マイヤー透視が、K逮捕のきっかけになったと言われるが、実際は放送前から重要参考人としてKが浮上しており、犯人のモンタージュの似顔絵もメディアで広く報道され、武富士のポケットティッシュにも似顔絵が同梱されており、ナンシーの絵はこのモンタージュに似ていた。また、番組内で紹介された犯人の素性(住所、職業、犯行動機など)や事件後の動向(番組の超能力者は「犯行時に火傷を負い仕事を休んでいた」と主張していたが実際は事件後も仕事を続けていたことがわかった)は、実際のそれとは隔たりが大きかったが[1]、逮捕後の番組では「超能力者が描いた想像図は犯人の顔とそっくり」という主張をしていた。
  • 犯人逮捕後、未解決事件の情報提供を求めるTBS系の公開捜査番組内で同事件の再現ドラマが放映されたことがある。気弱な犯人役を演じたのは渡嘉敷勝男であった。
  • 2014年12月17日、日本テレビ系の番組「ザ!世界仰天ニュース」で、犯人が事件を起こすに至った経緯と事件についてを描いた再現ドラマが放送された[6]

脚注[編集]

  1. ^ 一審判決では「鉄骨造陸屋根3階建て建物3階の同支店店舗(総床面積96.3平方メートル)をほぼ全焼させて焼損する(焼損面積約85.16平方メートル)」と事実認定されている。
  2. ^ 女性は家族ぐるみで詐欺をしており、後に青森署から詐欺容疑で指名手配されていた。
  3. ^ 『毎日新聞』2000年(平成12年)4月29日(土曜日)朝刊29面。
  4. ^ 拘置自体は仙台拘置支所で行われるが、刑場は併設の宮城刑務所にあるため。
  5. ^ “2人の死刑執行 武富士放火殺人、群馬射殺”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年8月29日). http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014082901001268.html 2014年8月29日閲覧。 
  6. ^ 武富士放火殺人事件”. ザ!世界仰天ニュース (2014年12月17日). 2015年1月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

判決原文[編集]