武宮敏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武宮 敏明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 1921年11月25日
没年月日 (2010-01-15) 2010年1月15日(88歳没)
身長
体重
170 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1947年
初出場 1947年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1953 - 1974)

武宮 敏明(たけみや としあき、1921年11月25日 - 2010年1月15日)は、熊本県熊本市出身のプロ野球選手捕手)・監督・コーチ。

長年に渡り、読売ジャイアンツ(以下、巨人)合宿所の寮長を務め、「鬼寮長」「鬼軍曹」の異名で知られた。

経歴[編集]

熊本工業時代は川上哲治の2学年下にあたり、川上からは後々まで可愛がられることになった。ノンプロの奉天満鉄倶楽部門司鉄道局熊本九州産業交通(途中、兵役の時期を挟む)を経て戦後の1947年に巨人に入団。翌年からレギュラーとなる。同年の10月3日対阪神戦でランナーの藤村富美男に体当たりを受け、脳震盪を起こす。ランナーが捕手に体当たりをかけたのは日本のプロ野球ではこれが第一号といわれ、武宮は最初の「被害者」となった。 1952年に引退するまで、通算320試合に出場、活躍した。

1953年二軍監督、コーチに就任。同時に川崎市中原区新丸子に所在していた巨人の合宿所「多摩川寮」寮長となった。厳しい寮則をつくり、午後10時の門限やその他規則を破った選手には容赦なく鉄拳や竹刀を飛ばしていた[1]。しかし、それ以上に、新人や若手に対する優しさと指導力は内外から高い評価を受けており、彼の元で育った寮生たちは、彼を慕い[2]、ジャイアンツの主力としても活躍し、「V9」達成など巨人史に功績を残していくこととなった。

1973年から2年間寮長職を離れ、名目上コーチ兼務だったが、前川八郎の後任としてスカウト部長を務めていた。

その間に湯口事件が起きる。育成現場を離れていたため、湯口敏彦と直接関わる事が少なく、詳しい経緯を直ちに把握できなかったという。後年、自著「巨人軍底力の秘密 鬼寮長の選手教育」で、「スピード、球威とも新浦とは比較にならないほど素晴らしく、巨人史上最高の左腕になるはずの逸材だった」と湯口の才能を評価し、その死を惜しんだ。同時に「生真面目すぎて相手の性格に合わせる指導をせず、常に湯口を緊張状態においていた二軍監督と繊細な湯口との取り合わせは最悪だった」と、当時の二軍監督・中尾碩志を批判しており、球団側に落ち度があることを認めていた。

1975年からはコーチ・スカウト職を退き1982年まで寮長職に専念する。その後は編成担当などを務めた。合宿所が新丸子から川崎市のよみうりランド近傍に移転した後も、 当時の新人選手であった河埜和正定岡正二西本聖、篠塚利夫(現:篠塚和典)、原辰徳駒田徳広吉村禎章を厳しく指導して行った。寮長を引退する際、多摩川グラウンド横で営業していたおでん屋(グランド小池商店)に惜別の句を自筆で送っており、現在でも店舗に掲示している。「グランドに(おでん屋に)通い続けて30年 いつの間にやら頭真白」

1987年オフに退団。当初は郷里の熊本に帰ったが、夫人の死去後は独立していた息子を頼って東京で暮らしていた。

2005年、次期巨人監督候補として星野仙一の名が上がった際、多くの巨人OBは反対していたが当時の巨人はV9時代の面影も感じさせないほど低迷しており、その当時の状況を目の当たりにしていた武宮は「今の巨人にはああいう厳しさが必要だ」と歓迎の意向を示していた(東京スポーツの記事による。また、実際に就任したのは原辰徳)。

2010年1月15日午後8時48分、東京都三鷹市杏林大学医学部付属病院急性膵炎のために逝去。88歳没。

寮長としてのエピソード[編集]

  • 武宮が鬼寮長として若い選手に厳しく接していたのは軍隊生活に由来するという。「選手が野球をやめるということは死ね、というのと同じこと。だから死なないように厳しく鍛えた」とのこと。
  • 朝は必ず部屋の窓を開け、布団をたたんでから散歩に行くよう徹底させ、その間に各部屋をチェックして回り、片付いてなければ外出禁止を課しすなどがあったが、厳しさの中にはユーモアもあり、寮生が全員でシャワーを浴びていたときに、シャンプーを流しているところに、また上からシャンプーをかけるような子供っぽいところがあったという[3]
  • 馬場正平(後のプロレスラージャイアント馬場)が巨人に入団した時、馬場の背丈の大きさに驚き、「二人部屋ではきついだろうから」ということで馬場にのみ個室を与えたという。
  • 多くの選手を見る中で「コイツは将来はいい指導者になるな」と思う選手もいて、特に西武ライオンズで名将として、後に名を馳せた森昌彦(現:祇晶)については「将来は球界を背負う指導者になるな」と早くからその辣腕ぶりを見抜いていた。
  • 武宮が選んだ歴代の寮生ワースト3は王貞治柴田勲堀内恒夫。いずれも名球会入りした好プレーヤーであった。彼らが門限破りをすると武宮は竹刀片手に玄関で一晩待っていたり、また一人が帰ってこない事を聞くと全寮生を廊下に集め、その選手が帰宅するまで正座させていたなど、武宮にはこの手のエピソードが多く残されている。
  • 柴田勲は「毎日のように怒られていたが、その分活躍しているから許すともいわれて嬉しかった」と武宮の人柄を評している[4]
  • 渡辺秀武に「メリーちゃん」のあだ名をつけた。TVCMに出ていたチンパンジーの「メリーちゃん」を見て「渡辺に似てる」と思い命名した。
  • 篠塚和典が未成年の頃、喫煙を見つけた武宮は「20歳になるまでタバコは吸いません」と毎日100回1ヶ月連続で書かせた(篠塚のブログによる)。
  • 西本聖が入団した時、同じ高校生でドラフト1位の定岡正二との待遇の差にくじけそうになった西本を(西本はドラフト外)武宮は「一度巨人のユニフォームを着ればドラフト1位もドラフト外も関係ない。みんなスタートは同じだ」と激励し、西本はこの言葉に勇気付けられたという。
  • 原辰徳は入団後僅か半年で退寮することとなったが、武宮は「1年たたずに退寮するのはおまえぐらいだ。だが(活躍しているので)許す!」と快諾してもらったという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1947 巨人 57 161 142 5 22 3 1 1 30 10 1 0 1 -- 17 -- 1 18 -- .155 .250 .211 .461
1948 88 241 217 11 38 4 0 2 48 15 4 3 4 -- 20 -- 0 33 -- .175 .245 .221 .466
1949 49 122 111 16 28 5 0 6 51 15 1 0 3 -- 7 -- 1 21 -- .252 .303 .459 .762
1950 83 243 214 24 42 7 0 5 64 23 2 0 2 -- 26 -- 1 25 4 .196 .286 .299 .585
1951 31 25 23 2 3 1 0 0 4 0 0 1 0 -- 2 -- 0 3 1 .130 .200 .174 .374
1952 12 7 6 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 -- 1 -- 0 0 0 .167 .286 .167 .452
通算:6年 320 799 713 59 134 20 1 14 198 63 8 4 10 -- 73 -- 3 100 5 .188 .266 .278 .544

背番号[編集]

  • 12 (1947年 - 1954年)
  • 51 (1955年 - 1961年)
  • 71 (1962年 - 1974年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 巨人軍鬼寮長の若手人材の育て方・鍛え方(1981年PHP研究所
  • 巨人軍底力の秘密 鬼寮長の選手教育(1983年、ABC出版)
  • 鉄の意志を持つ男・西本聖―ドラフト外のエース(1984年、恒文社)
  • 強い組織が若手を伸ばす―組織・若手におもねる管理職は去れ(1992年ごま書房

武宮を演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]