武内裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけうち ひろゆき
武内 裕之
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
生年月日 (1968-01-30) 1968年1月30日(51歳)
血液型 AB
最終学歴 慶應義塾大学商学部卒業
勤務局 九州朝日放送
部署 東京支社
職歴 アナウンス部→東京支社
活動期間 1991年 - 2014年
配偶者 あり
公式サイト KBC
出演番組・活動
出演中 『武内裕之That's On Time』
出演経歴ドォーモ

武内 裕之(たけうち ひろゆき、1968年1月30日 - )は、九州朝日放送の社員で元アナウンサー

人物・履歴[編集]

北九州市出身。1983年、高校受験に失敗し、1年間浪人生活を送って福岡大学附属大濠高等学校に進学。その後は留年等をすることなく慶應義塾大学商学部卒業後、KBCに入社。同期には加藤恭子秋山仁志がいる。武内は「高校受験失敗という挫折が今日の原点ともなった」ことを明らかにしている。

人事異動を全社規模で行うKBCにあって同僚が一度は他部署への配置転換を経験する中、長らくアナウンスの第一線にとどまっていた。

入社後は、秋山とともに深夜番組『ドォーモ』のリポーターとなり、以後朝番組『朝はポレポレ』の司会を担当していた時期を挟み通算16年にわたって出演。ラジオの深夜放送担当も相まってその名を知られ、地元九州ではタレント並みの知名度を獲得。喋り口やタレントなみの積極的な行動からアナウンサーに見られることが少なく、彼がアナウンサーである事を知らない視聴者も多かった。

『ドォーモ』を2010年3月26日未明(25日深夜)放送分を以って降板し、ラジオに軸足を移して4年間、朝ワイド番組『武内裕之That's On Time』のメインMCを担当していた。

2014年度の人事異動でアナウンス部を離れ、東京支社へ異動となった。入れ替わりに他部署に移っていた平川尚子がアナウンス部に復帰。

2018年2月24日放送のラジオ特番『博多デス。』で、約4年ぶりにラジオ出演した[1]

エピソード[編集]

  • ニュースを読んだ際、放送後に視聴者から「いつからKBCはタレントにニュースを読ませるようになったのか」という苦情が来たこともある。
  • 『ドォーモ』の企画でワールドカップ2006ドイツ大会を観戦しに日本を出発する際、空港にてNNN系列『真相報道 バンキシャ!』で一サポーターとしてインタビューに答える姿が放送された。
  • 『ドォーモ』の企画で、7年に渡り追い続けたカジキマグロを、その数が少ないと言われる玄界灘で釣り上げた。
  • 『KBC水と緑のキャンペーン』企画で、鹿児島・錦江湾を泳ぎ切るなど、40を過ぎてもなお、身体張り系のロケもこなしていた。
  • 私生活では2児の父親でもある。『ドォーモ』で共演していた高橋徹郎とは、同時期に父親となったこともあり親しく、過去にはラジオ番組で互いの子育てに関して話していた。

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 武内裕之 (@hiro_takeboh) - Twitter
    人事異動に伴いアカウントを変更し、東京支社勤務の日々を呟いている。