武井和人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武井 和人(たけい かずと、1954年4月7日[1] - )は、国文学者、埼玉大学教授。

東京都生まれ。1977年東京教育大学文学部国文科卒業。1982年東京都立大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。2001年「中世古典学の書誌学的研究」で國學院大學文学博士。1982年埼玉大学教養部講師、84年助教授、95年教養学部助教授、97年教授[2]。専攻、中世古典籍学・中世和歌史。 「研究と資料」を刊行している(1996.07~)。

著書[編集]

共著・編・注釈[編集]

  • 『一条兼良全歌集 本文と各句索引』編 笠間書院 1983
  • 十六夜日記・夜の鶴注釈』簗瀬一雄共著 和泉書院 1986
  • 『FM TOWNSシステムセットアップガイド』山川総司, 佐賀信之, 天狼誠共著 ソフトバンク出版事業部 1995
  • 『日本古典くずし字読解演習』編 笠間書院 2010
  • 『伊勢物語愚見抄 一条兼良自筆 影印・翻刻・研究』木下美佳共編 笠間書院 2011
  • 『一条兼良自筆古今集童蒙抄〈影印付』編 笠間書院 古今集古注釈書集成 2013

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中世古典籍之研究』著者紹介
  2. ^ 埼玉大学