武下利一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武下利一
基本情報
生年月日 (1989-07-28) 1989年7月28日(30歳)
性別 男性
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀市
選手情報
利き腕
種目 男子シングルス
主な戦績
経歴
所属 関東第一高等学校
敬和学園大学
トナミ運輸

武下 利一(たけした りいち、1989年7月28日)は日本の男子バドミントン選手。佐賀県出身。トナミ運輸に所属。

佐賀市立成章中学校出身で、高校はバドミントンの名門関東第一高等学校へと進学し2006年全日本ジュニアバドミントン選手権大会で優勝している。その後、新潟県新発田市敬和学園大学へと入学した(大学2年の時から松浦進二氏が同学のバドミントン部監督を務めている)。2010年2011年の日本ランキングサーキット大会を連覇。2011年全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)の男子シングルスで優勝。

2011年バドミントン日本リーグトナミ運輸の内定選手として出場し、2012年4月に入社。

バドミントン日本代表のナショナルチームに選出されている。

主な成績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]