正高信男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正高 信男(まさたか のぶお、1954年12月10日[1] - )は、日本の霊長類学発達心理学者、評論家、元京都大学霊長類研究所教授。

人物[編集]

大阪府生まれ。1976年大阪大学人間科学部行動学専攻卒業、1982年大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了、「ゲルディモンキーの音声伝達行動に関する比較行動学的研究」で学術博士アメリカ国立衛生研究所客員研究員、ドイツマックス・プランク精神医学研究所研究員、京都大学霊長類研究所助手東京大学理学部助手、京都大学霊長類研究所助教授、教授を歴任。

専攻は認知神経科学。ヒトを含めた霊長類のコミュニケーション研究。論文データ捏造[2]が疑われているが、本人は否定している。

疑惑[編集]

2021年10月15日、京都大学は正高が2014~2019年に発表した4本の論文について、実験を行った事実が認められず、捏造と認定したと発表した。大学は論文の撤回を正高に勧告し、今後処分を検討する。

大学によると、論文では大麻の合法成分「カンナビジオール」を18~19歳の男女に投与する実験を行ったとしていたが、被験者に参加の事実が確認できず、研究物資の購入実績が実験の規模と見合わなかったことなどから、実験は行われていないと認定した。

正高は大学側の聞き取りに応じず、実験のもととなるデータも提出しなかったという[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ことばの誕生 行動学からみた言語起源論』紀伊國屋書店 1991
  • 『0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ』中公新書 1993
  • 『なぜ、人間は蛇が嫌いか 入門・人間行動学』光文社・カッパ・サイエンス 1994
  • 『ヒトはなぜ子育てに悩むのか』講談社現代新書 1995
  • 『赤ちゃんの誕生の科学』PHP新書 1997
  • 『いじめを許す心理』岩波書店 1998
  • 『育児と日本人』岩波書店 1999
  • 『老いはこうしてつくられる こころとからだの加齢変化』中公新書 2000
  • 『ヒトの本能ってなに? 心とからだの不思議』清流出版 2000
  • 『子どもはことばをからだで覚える メロディから意味の世界へ』中公新書 2001
  • 『ボケの前兆をつかまえた』紀伊國屋書店 2001
  • 『0歳からの子育ての技術 「赤ちゃんとの会話」から「知性を伸ばす遊び方」まで』PHP研究所 2002 のち文庫
  • 『父親力 母子密着型子育てからの脱出』中公新書 2002
  • 『ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊』中公新書 2003
  • 『親になる技術』PHP研究所 2004
  • 『天才はなぜ生まれるか』ちくま新書 2004
  • 『人間性の進化史 サル学で見るヒトの未来』日本放送出版協会 2004 NHK人間講座
  • 『二人目の母親になっている日本の男たち』主婦の友社 2004
  • あかちゃんすくすく絵本 鈴木出版 あきやまただし絵 2004
    • 『かめかめかもめ』
    • 『がたごとなにかな?』
    • 『ぱいぱいおっぱい』
    • 『ぴょんぴょんなにかな?』
    • 『ぼうぼうまんぼうくん』
    • 『わんわんなにかな?』
  • 『考えないヒト ケータイ依存で退化した日本人』中公新書 2005
  • 『他人を許せないサル IT世間につながれた現代人』講談社・ブルーバックス 2006
  • 『ヒトはいかにヒトになったか ことば・自我・知性の誕生』岩波書店 2006
  • 『ヒトはなぜヒトをいじめるのか いじめの起源と芽生え』講談社・ブルーバックス 2007
  • 『ウェブ人間退化論 「社会のIT化」は「サル化」への道!?』PHP研究所 2008
  • 『天才脳は「発達障害」から生まれる』PHP新書 2009
  • 『ゲームキャラしか愛せない脳』PHP新書 2010
  • 『団塊のジジババが日本をダメにする』潮出版社 2011
  • 『コミュ障 動物性を失った人類』講談社・ブルーバックス 2015

共編著[編集]

  • 『ニホンザルの心を探る』編著 朝日選書 1992
  • 『赤ちゃんの認識世界』編 ミネルヴァ書房 1999 ことばと心の発達
  • 『モバイル社会の現状と行方 利用実態にもとづく光と影』小林哲生天野成昭共著 NTT出版 2007
  • 『ヒトはいかにしてことばを獲得したか』辻幸夫共著 大修館書店 2011 認知科学のフロンティア
翻訳

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.430
  2. ^ “京大元教授、大麻合法成分の論文データ捏造か 本人否定”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2020年4月21日). https://www.asahi.com/articles/ASN4N7TBZN4LPLBJ001.html 2021年10月26日閲覧。 
  3. ^ “霊長類研元教授、論文4本捏造 実験事実確認できず―京大”. 時事ドットコム (時事通信社). (2021年10月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101501173&g=soc 2021年10月26日閲覧。 

外部リンク[編集]