正邪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正邪(せいじゃ)とは、正しいことと邪(よこしま)なこと。正しいことと不正なこと。

概要[編集]

正邪とは客観性やある主観性においてそれが正かかという事である。

道徳的価値観に於いては「善悪」がその行為や事柄[1]を総合的に判断するのに対し、「正邪」は意識や考え方といった心の在り方[2]に主眼を置いて判断する。 具体的にどういった意識や考え方が正しく、あるいは正しくないか(邪か)に関して特定の基準がある訳ではない事に注意する必要がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ の頁
  2. ^ の頁