正論新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正論新聞(せいろんしんぶん)とは、元読売新聞記者の三田和夫により、1967年元旦に創刊された個人新聞である。資金難に苛まれて不定期刊となった。旬刊2ページから4-6ページ。週刊に切り替えて6-8ページとなった。やがて週2回各4ページで発行。日通事件を政治検察[1]の動きと見て、検察批判を行った。信条は、「庶民の率直な気持ちを紙面に反映し、権力、暴力など、力に屈しません」

三田和夫[編集]

1921年、盛岡市に生まれる。1943年、日大芸術科卒業。読売新聞社に入る。

1947年、シベリアより復員、読売社会部に復職。法務省、国会、警視庁、通産省・農務省も各記者クラブ詰めを経て、最高裁司法記者クラブのキャップとなる。

1958年7月22日、横井英樹襲撃事件で犯人隠避容疑により逮捕される。25日間を留置場ですごし帰宅する。当時の新聞で、自身が愚連隊の一味として書かれていたという。読売新聞を退社し、翌年に三田コン株式会社を設立するも、2年ほどで倒産してしまう。以後、フリージャーナリストになる。

1967年、株式会社正論新聞社を設立する。

著書[編集]

  • 『迎えにきたジープ-奪われた平和』20世紀社 1955年
  • 『赤い広場―霞ヶ関 山本ワシントン調書』20世紀社 1955年
  • 『最後の事件記者』実業之日本社 1958年
  • 『黒幕・政商たち-たちあがる事件記者』日本文華社 1968年
  • 『正力松太郎の死の後にくるもの』創魂出版 1969年
  • 『新宿慕情』[2]正論新聞社出版局 1975年

脚注[編集]

  1. ^ 三田いわく、戦前から思想検事と経済検事との派閥対立をかかえており、それが政治と結びついて弊害を生じていたという。
  2. ^ 参考文献として序文と表紙の略歴を用いた。文芸春秋誌所載の「事件記者と犯罪の間」が収録されている。