正親町三条実音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「正親町三條實音」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
 
正親町三条実音
時代 南北朝時代
生誕 元応元年(1319年
死没 至徳3年/元中3年2月16日1386年3月16日
官位 従一位准大臣大宰権帥
主君 後醍醐天皇光厳天皇光明天皇崇光天皇後光厳天皇後円融天皇
氏族 藤原北家閑院流正親町三条家
父母 父:正親町三条公秀、母:藤原家相の娘[1]
兄弟 実継実音実数秀子、女子(季顕の母)、融観了空
公敦公頼、女子(後円融天皇側室)
テンプレートを表示

正親町三条実音(おおぎまちさんじょう さねとし[2])は南北朝時代公卿従一位准大臣内大臣正親町三条公秀の次男、母は従三位非参議藤原家相の娘。姉の秀子崇光天皇後光厳天皇の生母陽禄門院である。息男には権大納言に至った公敦、参議中将に至った公頼がいる。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

正中2年(1325年)10月26日、叙爵。嘉暦4年(1329年)1月5日、従五位上に昇叙。元徳2年(1330年)1月5日、正五位下に昇叙。建武4年/延元2年(1337年)7月24日、侍従に任ぜられる。暦応2年/延元4年(1339年)1月5日、従四位下に昇叙。暦応4年/興国2年(1341年)1月22日、左少将に任ぜられる。暦応5年/興国3年(1342年)1月5日、従四位上に昇叙。同年3月30日、遠江権介を兼ねる。12月28日、右少将に転任し、康永2年/興国4年(1343年)12月22日には右中将に昇進。康永3年/興国5年(1344年)1月5日、正四位下に昇叙。貞和2年/正平元年(1346年)、遠江権介を止める。

観応元年/正平5年(1350年)6月19日、従三位に叙され、同日に右兵衛督に任ぜられる。同年8月16日には参議に任ぜられる。文和3年/正平9年(1354年)3月28日、備中権守を兼ね、同年中に右兵衛督を辞した。同年9月11日に右中将を兼ねる。文和4年/正平10年(1355年)12月27日、権中納言に昇進。延文4年/正平14年(1359年)、正三位に昇叙。延文5年/正平15年(1360年)11月17日、従二位に昇叙。12月18日、母の喪に服す。康安元年/正平16年(1361年)5月14日、復任する。

貞治2年/正平18年(1363年)4月20日、権大納言に昇進。貞治3年/正平19年(1364年)4月14日、正二位に昇叙。応安3年/建徳元年(1370年)4月13日、大宰権帥を兼ねる。応安7年/文中3年(1374年)9月18日、権大納言を辞し大宰権帥はそのまま。永和元年/天授元年(1375年)2月15日、本座を許される。

永徳元年/弘和元年(1381年)6月17日、従一位に昇叙。永徳2年/弘和2年(1382年)4月8日、准大臣宣旨。至徳3年/元中3年(1386年)2月16日、薨去。

従一位昇叙の背景[編集]

鎌倉幕府が崩壊して政権が流動的であった時、実音は持明院統に忠義を尽くしたようである。光厳院が河内東条へ移された際に供奉した公卿は実音のみであったという[3]。また、姉秀子が女院となり兄実継も父公秀に続いて内大臣に任ぜられ、兄実継に次いで従一位に叙せられた実音は持明院統の外戚としての処遇を受けたと考えられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『尊卑分脈』では、公秀の子の中では実音にのみ母の名が記述されている。
  2. ^ 名の読みは、深津睦夫『光厳天皇 をさまらぬ世のため身ぞうれはしき』197頁に基づく。
  3. ^ 深津睦夫『光厳天皇 をさまらぬ世のため身ぞうれはしき』200頁、ならびに飯倉晴武『地獄を二度も見た天皇 光厳院』178頁。

参考文献[編集]