正田崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正田 崇(まさだ たかし、男性、10月31日 -)は、ゲームシナリオライター山口県出身。大杉栄伊藤野枝の曾孫。現在はフリーランス[1]

略歴[編集]

幾度かの転職を経て、2004年に発売された「PARADISE LOST」でライターデビュー。

2009年に発売された「Dies irae ~Acta est Fabula~」が『萌えゲーアワード2010』シナリオ部門銀賞受賞。

2014年に発売した「相州戦神館學園 八命陣」は『萌えゲーアワード2014』「燃え系作品賞」で金賞受賞。

2019年3月の株式会社グリーンウッド(light)解散に伴い、退社。

以降はフリーランスとして2019年9月よりEntyにて「黒白のアヴェスター」の連載を開始、同年12月のコミックマーケット97よりGユウスケと連名で同人サークル「神座万象・第十四機関」を出展。

作品[編集]

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

ドラマCD[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同人誌「神座七秘聖典」より。
  2. ^ TVアニメ『Dies irae(ディエス・イレ)』は2017年放送予定。原画展が2016年1月に開催

関連項目[編集]

外部リンク[編集]