正木美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 正木美術館
MASAKI ART MUSEUM
施設情報
収蔵作品数 約1200点[1]
館長 正木久彦[2]
管理運営 公益財団法人正木美術館
開館 1968年(昭和43年)11月5日[1]
所在地 595-0812
大阪府泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26
公式サイト 正木美術館
プロジェクト:GLAM
大燈国師墨蹟 渓林偈・南嶽偈
拙宗筆 山水図

正木美術館(まさきびじゅつかん)は大阪府泉北郡忠岡町にある大阪府の登録博物館。運営は、公益財団法人正木美術館。

素封家・正木孝之が禅林文化に惹かれて収集した水墨画を中心とする日本・東洋の古美術品の収蔵・展示を目的として1968年11月に開館した。

国宝3件、国の重要文化財12件を含む所蔵品は約1200点に及ぶ。

施設[編集]

  • 本館1階展示室
  • 新館1階展示室
  • 新館2階展示室

主な収蔵品[編集]

国宝[編集]

重要文化財[編集]

  • 紙本墨画淡彩六祖図(六祖慧能図)無学祖元
  • 紙本墨画梅花図 絶海中津
  • 紙本墨画山水図(湖山図)文清筆 一条兼良、瑞渓周鳳賛
  • 紙本墨画淡彩山水図 岳翁筆 了庵桂悟、子通周量賛
  • 紙本墨画山水図 拙宗(雪舟)筆 以参周省等三僧賛
  • 紙本墨画蓮図 能阿弥筆 自詠和歌及七十五歳の款記がある[3]
  • 絹本淡彩騎獅文殊像 虎関師錬賛
  • 絹本著色騎獅文殊像 良全筆 乾峯士曇賛 
  • 絹本著色千利休像 伝長谷川等伯筆 天正十一年古溪宗陳賛
  • 虚堂智愚墨蹟 送僧偈
  • 北礀居簡墨蹟 七言絶句(梅の偈)
  • 滅翁文礼墨蹟 七言律詩春(遊の詩)
  • 竺田悟心墨蹟 中厳円月送別偈 泰定四年八月十五日

典拠:2000年(平成12年)までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

登録有形文化財[編集]

  • 正木記念邸主屋
  • 正木記念邸中門
  • 正木記念邸腰掛待合

所在地[編集]

  • 〒595-0812 大阪府泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 正木美術館”. ミュージアムカフェ. 2015年8月22日閲覧。
  2. ^ 財団概要”. 公益財団法人正木美術館. 2015年8月22日閲覧。
  3. ^ 平成28年8月17日文部科学省告示第116号
[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度29分40.7秒 東経135度23分31.6秒